犬の病気対策マニュアル

*

犬の輸血の方法や効果。供血犬の確保や血液の適合も大切です

      2016/10/02

犬

■犬の輸血

愛犬に、急に輸血が必要になったら、戸惑ってしまいますよね。
輸血が必要なくらい愛犬の状態が悪ければ、それだけで不安でどうしようもありません。
その上、犬の輸血について全く知識がなければ、わからないことばかりで余計に不安になってしまいます。
今回は、犬が輸血する時はどのようにするのか、その効果などについて書いていきます。輸血について少しでも知っていれば、いざという時に役に立つかもしれません。

・輸血の前に必要なこと

① 供血犬の確保

輸血が必要になったら、すぐに供血犬(血液を提供してくれる犬)を探さなければいけません。
人間の血液バンクのような、犬の血液を長期間保存しておく設備はまだ整っていないのです。
そのため、輸血が必要な状況になってから、血液を採取することになります。
供血犬には、若くて健康で、フィラリア予防や予防接種を全てしっかり受けている大型犬や中型犬が適応します。
小型犬は血液量が少ないので、供血犬には向いていません。
供血犬は、動物病院が確保してくれることが多いです。
動物病院で飼っている犬や、供血犬として動物病院に登録している犬から血液をもらいます。
しかし動物病院によっては、供血犬を確保してくれないこともあります。
その場合は、飼い主さんが自分で探さなければいけません。
同居犬や友達の犬に頼むことになります。

② 血液の適合検査

次に必要なのは、供血犬の血液と患者の血液が適合するかどうか調べなければなりません。血液が合わなければ、供血犬の赤血球が患者の赤血球を攻撃して壊してしまうのです。
実際に、2頭の血液を少量混ぜて反応を見ます。
赤血球が壊れなければ、血液が適合したということになります。

・輸血の手順

犬

血液が適合したら、供血犬から血液を採取します。
その血液を、患者の犬に点滴でゆっくりと時間をかけて入れていきます。
血液の量にもよりますが、輸血自体は数分から数時間で終わります。
しかし、その後も点滴や処置が必要になりますので、その日は入院となることが多いでしょう。

・輸血の効果

輸血をしても、病気が根本的に治るわけではありません。
いわゆる対処療法ですので、貧血の状態をよくすることしかできないのです。
しかし、貧血が改善されれば、もちろん体は楽になります。
体が楽になれば、ごはんを食べたりして、少し元気になってくれます。
元気になって体力が出てくれば、病気の治療も進めやすくなります。
大きな手術にも耐えることができるでしょう。
治療に、より専念することができるのです。

■さいごに

輸血が必要な状態は、あまりいい状態とは言えません。
最悪の事態を覚悟しなければいけないでしょう。
そんな時、冷静に物事を判断することは難しいかもしれません。
愛犬を失うかもしれない恐怖や不安が入り混じって、どうしたらいいのかわからなくなるかもしれません。
そうなった時のために、輸血についても知識を得ておきましょう。
少しでも役に立つかもしれません。

関連記事になります。合わせて御覧ください。
犬の輸血ってどうするの?献血や採血や供血犬の確保の仕方について





ペットが動物病院で医療にかかると、とても高額な値段がかかります。

10万円以上から多い時には100万円以上かかる場合もあります。

ペット保険では医療費を50%から100%負担されるものもあります。

でも多くのペット保険から選ぶのは大変ですよね。

そういう場合にはペット保険の一括資料請求がが便利です。

今なら無料でペット保険を比較でき、図書カードを最大1500円分もらえることもできます。


詳しくはこちらからどうぞ。

保険スクエアbang!【ペット保険資料一括請求】

ペット保険

 - 犬その他, 犬の輸血 , , ,