犬の病気対策マニュアル

*

部屋がおしっこ臭い!犬のおしっこ(尿)の臭い対策法

      2016/10/02

犬

目次

■犬のおしっこ(尿)の臭い

愛犬の臭いが気になることはありませんか?
動物特有の獣のような臭いや、おしっこやうんちの臭いなど、ペットの臭いというのは、独特の臭いがします。
最近では室内で犬を飼う方も多いので、特に家の中の臭いは気になるでしょう。
それなりに工夫をして、臭い対策をしている方も多いのではないでしょうか。
今回は、ペットの臭いの中でも、特に気になる犬のおしっこの臭い対策について書いていきます。

●犬のおしっこの臭い対策法

家庭によって、何らかの臭い対策をされていることでしょう。
今回は、主な対策法について紹介します。

① ペットシーツはこまめに変える

ペットシーツは、おしっこをしたらすぐに取り替えましょう。
おしっこが付着したまま置いておくと、臭いの原因になります。
常に清潔に保っておきましょう。
汚れたペットシーツは、フタ付きのゴミ箱か外のゴミ箱に捨てると、臭いも気になりにくいので、おすすめです。

② トイレやその周辺も清潔にする

ペットシーツを取り替えるだけではなく、トイレやその周辺もきれいにしましょう。
周辺の壁や床などにも、おしっこが飛び散っていることがあります。
オスの場合は特に飛び散りやすいので、注意して清潔にしましょう。

③ おしっこをした後は拭く

おしっこをした後は、できるだけすぐに陰部を拭いてあげてください。
おしっこが陰部周りの毛に付いたままでいると、臭いの原因になります。
また、おしっこを自分で踏んでしまうこともあります。
失敗して、犬自身の身体にかかってしまうこともあるでしょう。
足裏や身体が汚れた場合は、きれいに拭き取ってあげましょう。

④ 定期的なシャンプーをする

定期的にシャンプーをすることも大切です。
清潔に保つことで、臭いの原因をなくしていきましょう。

⑤ 消臭剤やスプレーを利用する

市販の消臭剤や消臭スプレーも利用しましょう。
選ぶ時は、犬に害を与えないものがおすすめです。
犬が舐めても平気なものなら、気兼ねなく使うことができます。

●おしっこが濃いと臭いが強くなる

犬

おしっこの色が濃い黄色だと、臭いも強くなります。
おしっこの中のアンモニア成分が濃縮されるので、臭いがきつくなるのです。
逆に、透明に近いおしっこは臭いがあまりしません。
おしっこがあまり濃くならないようにしましょう。
水を飲ませる、こまめにおしっこをさせる、などを心がけることで変わります。

●臭いがきついと病気の可能性も

あまりにも臭いがきつい場合や、急に臭いが気になり出した場合、おしっこの色が濃い黄色からオレンジ色をしている場合などは、病気の可能性があります。
おしっこを持って、すぐに動物病院へ行きましょう。

■室内犬のおしっこの臭いの悩み

それでは、今回は室内で犬を飼っている人のおしっこの臭いの悩みについて聞いてみました。
室内犬の臭いの悩みで多いのがおしっこです。
小さい時にちゃんとしつけをされていれば、ペットシーツにおしっこをして処分すれば臭いの心配も少なくなるのですが、中々しつけが難しいんですよね。
また他にもおしっこの臭いの悩みは尽きません。
みなさんはどの様な事で悩んでいるのでしょうか?

●室内犬のおしっこの臭いの悩みまとめ

室内犬のおしっこの臭いの悩みをまとめてみましょう。

・ペットシーツにしたおしっこを踏んで部屋を歩き回る

ペットシーツにおしっこをしても犬自身がおしっこをしたペットシーツを踏んで足を汚して室内を歩き回るという事があります。
せっかくペットシーツでしているのに部屋の中はおしっこの臭いペタペタと。
ペットシーツにおしっこをしたら直ぐに変えることが重要です。

・丸洗いできない絨毯やホットカーペットにされると最悪

丸洗いできるものにおしっこをされても洗えば大丈夫ですが、絨毯やホットカーペットにおしっこをされると洗えないので大変ですよね。
なので室内で犬を飼う場合は、丸洗いできないものは引かない、もしくは犬が入れない様にするなので対策が必要になります。

・犬の体毛におしっこをかけてしまう

体毛が長い犬はおしっこをした時にひっかけてしまうことがあります。
それで毛におしっこが付いたままソファーなどに座るとソファーがおしっこ臭くなってしまいます。
対策としては、排尿するところの周辺の毛をカットすることが大切になります。
夏場などはサマーカットだと思ってバッサリ切っちゃいましょう。

・犬が留守番中におしっこをしてフローリングに浸みる

犬の留守中におしっこをフローリングにしてシミになるということはよくあります。
できるだけペットシーツでおしっこをする様にしつけをすることが大切になりますね。

・来客があった時におしっこの臭いがないか心配

来客が多いお宅ではこれが一番の悩みではないでしょうか。
自宅にあがると、おしっこ臭い家ってありますよね。
ずっと住んでいると臭いに慣れてしまい飼い主は気づかないことも多いんですが、犬を飼っていない人からするとちょっとした臭いでも敏感に感じます。
来客がある時には事前に換気をしたり、消臭剤での対策が必須になります。

●室内犬のおしっこの臭いの悩みの声

それでは実際におしっこの臭いで悩んでいるリアルの声を聴いてみます。

・鼻が利く父が臭いに敏感

いくら可愛がっている愛犬の…であっても、やはり臭いがプ~ンと漂うのはちょこちょこ鼻につきますね。
特に一緒に暮らしている父は、鼻が人一倍利くようで本当にささいな臭いにも敏感。
相当嫌なようです。
私や他の家族はもう殆ど慣れていて、本当に臭いがキツい時ぐらいしか「あれ、臭いかな?」と思う程度なのですが、父や遊びに来た知人などはやーっぱり気になってしまうようです。
あとは何かの点検や修理で来た人にも気を使ってしまいます。

・おしっこをしたペットシーツを踏んで歩き回る

我が家で飼っている犬は2匹で、外での散歩でもおしっこをしますが、家のペットシーツでもするようにしつけてあるので、雨の日で散歩に行けない日でも我慢させずに済むので助かっています。
しかし、ペットシーツを踏んだ足で部屋中を歩きまわったり、たまにですが…嫌がらせなのか、私のお布団や、カーペットにおしっこすることもあり匂いに困ることもしばしばあります。
どちらの場合も寝ているときや、外出中の目を離したときにしてしまうので、「なんか臭うぞ…」と部屋中をかぎまわりその場所をみつけるといった状況で、(2匹いるため、どちらが犯人か分からないこともあり)怒れないのも悩みの一つです。

・ホットカーペットにおしっこをされて・・・

メス犬を2匹飼っていますが、どちらかがヒート(生理)になると、神経過敏になるらしく、マーキングのために室内のいたるところにおしっこをしてしまいます。
1匹だけだった時には、そういうことはありませんでした。
おしっこをされて一番困るのは、何よりもホットカーペットです。
どれだけ拭いても、消臭剤を使っても、温熱によって匂いが立ち昇ってしまいます。
もう慣れはしましたが、家族以外の人にとってはかなりの悪臭だと思います。
簡単に洗濯できるものではないので、毎年買い替えています。買うのも処分するのも費用がかかります。
2匹の犬は心から大切に思っていますし、犬の本能なら仕方がないと諦めてもいますが、経済的にはかなり大変です。

・絨毯など丸洗いできないものにおしっこをされると

家では、ミニチュアシュナウザー(♂)とミックス(♀)を飼っていますが、基本的にはケージの中にいるのですが、時々部屋の中に放すのですがその時におしっこをしてしまうことがあります。
絨毯などところかまわずしてしまうので、水分を吸い込んでしまう材質の上にしてしまったときは、匂いがとれずに困っています。
非常に臭いのです。
絨毯などは丸洗いできませんし。
衣類などは決して床には置いておけません。
散歩など外でさせる努力をしています。

・足の毛が長いためにおしっこをかけてしまう

アメリカンコッカースパニエルのオスを飼っているのですが、足の毛が長い為に足におしっこがかかり、そのまま家の中をうろうろしてしまうので部屋中におしっこの臭いが充満してしまうことに困っています。
近くにあるカーテンにも臭いが染みついてしまいました。
またもう一匹の赤ちゃんチワワのオスがおしっこを失敗してしまうと、同じ場所におしっこをかけてマーキングをしてしまいダブルで臭ってしまうことです。
トイレでおしっこが出来たとしても的が外れてしまうことが多いので、おしっこの臭いでは本当に悩んでいます。

・留守番をしている時におしっこをしてフローリングに浸みる

うちの犬のトイレは廊下なのですが、トイレシートを敷いていてもいつもそこからはみ出してしてしまいます。
そうすると、床の材質がコルクなので、おしっこの匂いが染み付きやすいので困ります。
すぐに拭き取ればまだよいのですが、外出して帰ってからおしっこを発見したりすると、しばらく放置されていた分コルク床に結構しみ込んで、シミとともに匂いが取れなくなってしまいます。
しかもその下に床暖房があるので、故障しないかなども心配です。
トイレシートを何枚も敷いてトイレの範囲をどんなに拡大しても、結局端のシートと床の境目でしてしまって無駄な労力となります。

・夏場のおしっこの臭いが・・・

犬を飼い始めた時に、困ったことの一つがトイレのしつけでした。
シーツからはみ出しておしっこをすると、においが部屋中に充満してしまいます。
特に、オスのワンちゃんは足を上げてするのであちこちに飛んでしまうとか、まだトイレを覚えていない子犬は色々な場所にしてしまうため、においが広がりやすくなります。
おしっこのにおいは絨毯にしみこみやすいので、家に帰って扉を開けるとおしっこのにおいがして悲しい気持ちになってしまいます。
特に夏場など、アルコールが気化するためか、においが充満しやすいです。
また、絨毯を新しいものに取り換えたくても、またおしっこを失敗したら・・・と、なかなか買い替えることのできないことは、飼い主さん同士でもよく話しています。

・来客があるとおしっこの臭いが気になる

犬のトイレは、家族が一番長い時間を過ごすリビングからは遠い、バスルームの前の洗面所の窓の下に設置していますが、窓を開けていて、風向きによっては、おしっこの臭いがうっすら漂ってきます。
家族だけの時なら良いのですが、ホームパーティなど、来客のあるときは、いささかばつの悪い思いをします。
皆さん、我が家に犬がいることもご存知ですし、犬を飼っている方もいらっしゃるのですが、招く側としては、やはり気になります。

●ツイッターの声

ツイッターでもこの様な声があります。

帰宅しての犬のおしっこの臭いは、げんなりしますよね。

犬のおしっこの臭いで近所トラブルになることも多いです。
本人は良くても他人は気にしますからね。
気を付けましょう。

■室内で犬がおしっこをした時の対策方法

ここでは、実際に室内で犬がおしっこをした時の臭いの対策方法を聞いてみました。

●室内で犬がおしっこをした時の対策方法まとめ

室内で犬がおしっこをした時の対策方法をまとめてみましょう。

・添加物が少ないドックフードに変えてみた

添加物が少ないドックフードに変えたという意見がありました。
人間でも添加物ばかりの物を食べると便が悪臭臭いですかね。
でもおしっこにどこまでの効果があるかは分かりません。

・ペットシーツは大き目のを選ぶ

ペットシーツにおしっこをされても、その上を犬が歩いたのでは意味がありません。
できればすぐに交換するべきですが、できるだけ大き目のを選んで犬がおしっこを踏まない様気を付けて対策を取ったとのことです。

・大きな絨毯やカーペットは引かない

とても基本的な事ですが丸洗いできないものは室内には置かないということです。
おしっこの臭いが取れない原因になるので気を付けましょう。

・空気洗浄機&窓を開けて換気

おしっこの臭いがこもらない様にできるだけ換気をしましょう。
空気洗浄機との併用が効果的になります。
後は、置き型の消臭剤も併用するといいでしょう。

・ペット専用の消臭剤を使う

消臭剤にも様々なものがありますが、ファブリーズはあまり利きません。
市販の消臭剤は、犬が舐めてしまうと体に害が及ぶことがあるのでできるだけペット専用の消臭剤を使用しましょう。
カンファペットという消臭スプレーがとてもおしっこの臭いに効果があります。
カンファペットに関してはこちらの記事に詳しく載っています。
室内犬(部屋)の臭い対策!消臭はどうしたらいい?

・床におしっこをしたら直ぐに水拭きをする

これも基本中の基本ですね。
床におしっこが浸みこまないように直ぐに拭いてあげましょう。

・ひのきの芳香剤を使用する

部屋に充満した犬のおしっこの臭いは芳香剤でにおいを被せましょう。
根本的な解決にはなりませんが、来客がある時などには重宝します。
ひのきの芳香剤が有効とのことです。

●室内で犬がおしっこをした時の対策方法の声

それでは実際におしっこをした時の対策方法についてのリアルな声になります。

・ドッグフードを変えて対策

消臭剤・脱臭剤、ひたすらファブリーズは大活躍です。
お金に余裕があれば空気洗浄機も欲しいなぁ、とは思いつつ……今は余裕が無いので様子見です。
ドックフードも添加物が少ないもののほうが臭い予防になる、と聞いたので今まで使っていたものから新しく効果のありそうなものに変えました。
その結果、確かに以前より臭いは軽くなったような気がします。
ですが、添加物が少ないというだけあって価格はちょっぴりお高めで財布に厳しいのが難点です…。
でも健康的にもやはり添加物が少ない・無添加のものの方が体に良いだろうし、犬にとってもそっちの方が良いかな?と思って割り切っています。

最近は色んな臭い対策のグッズが売られていて、どれが良いのかなぁと悩んでしまいますね。

・ペットシーツは大きめのを選ぶ

まずは、ペットシーツ選びです。
吸収の良い物を選ぶようにしているのと、少し広めにトイレゾーンをとるようにしています。
はじっこでされると意味があまりないのですが、なるべくでもおしっこを踏んだ足で歩きまわらないための対策です。
そして、大きいカーペット類を敷かないこと。
大きいものは洗濯ができないからです。
布団に関しては、掛布団・敷布団はすべて洗濯のできる軽い物にしています。
敷布団の下はマットレスも敷いていますが、間にペットシーツとレジャーシートを挟んでいます。
マットレスは洗濯できないからです…。
また、部屋全体の匂い対策としては、空気清浄器をつけっぱなしにしていることと、ペット用の消臭剤を置いているということでしょうか。
換気扇もよくまわしますし、窓を開けての換気も頻繁にするようにしています。
フローリングを拭くときは、ペット用のものを使用しています。
家に遊びに来た方に「犬の匂い全然しないね。」とよく言われます。

・ペット専用の消臭剤を使う

布製品の場合は、丸洗いできるものは丸洗いして、できないものはとにかく水で叩くようにして徹底的に拭きとります。
それから専用のペットにも安全な消臭剤を使います。
少し高価ですが、完全に匂いが取れると言われているものを使っています。
またカーペットにマーキングしてしまうことがほとんどなので、部分的に洗ったり取り替えたりできるように、リビングはジョイントマットにしました。おしっこしてしまった部分は、何度かは手洗いしますが、汚れたり古びたりしてきたら捨てて、新しいものと取り替えてしまいます。
それでもやはり、家族は慣れてしまって大して気になりませんが、来客は別だと思うので、気心の知れた友人が遊びに来た時などに訊いてチェックしたり、芳香剤を欠かさないようにはしています。
おしっこの匂いがなくなるドッグフードなどもありますが、犬の健康を考えると怖くて与えることができません。また、水分を十分に与えることでおしっこの匂いが緩和するらしいので、気がついた時には無理のない範囲で飲ませるようにしています。

・床におしっこをしたら直ぐに水拭きする

部屋でおしっこをしたときは、床(水分を吸い込まない材質)にしたときは、綺麗にふき取り、水拭きを実施します。
その後に、薬剤を使って洗浄します。
薬剤の種類としましては次亜塩素酸系の薬剤になります。
これはペット用品コーナーに売っているものです。
スプレーして使いますが、強力に除菌と消臭をしてくれますので、とてもおすすめです。
次に、絨毯など水分を吸い込まない材質のものにおしっこをしてしまったときは、やはりできるだけティッシュや新聞紙などでおしっこを吸い込ませます。
その後、おしっこをした後に水洗いできるものは水洗いをして、できないものは水をかけてタオルで拭きを繰り返します。
水洗いができたら、次はやはり次亜塩素系のスプレーで消臭除菌しています。

・ひのきの芳香剤を使用する

トイレで出来た時はすぐにペットシーツを取り換えるようにしています。
ペットシーツは、ずれないようにシール付きのを使用しています。
また犬の足におしっこがかかってしまって、すぐに脚を洗うことが出来ない場合には犬の毛に直接かける犬用の臭い消しスプレーを使用して、とりあえずの臭い対策をしています。
また、トイレ以外に失敗してしまう時は、水拭きをした後にファブリーズなどの消臭スプレー剤をかけてさらに雑巾で拭いて臭いを消しています。
それでも犬を飼っていない人の来客があった際には、おしっこの臭いがすると言われたことがあるので、ひのき成分が入っている芳香剤を玄関やリビングなど数か所に置いて臭い対策をとっています。
意外とひのきの臭いは犬のおしっこの臭いを消してくれるようです。

・アロマオイルで匂いを被せる

できるだけすぐに拭き取ります。
拭き取った後、次亜塩素酸ナトリウムをほんの少し混ぜた水のスプレーを床に撒いてさらに拭き取るようにしています。
それでも匂いが取れない時はファブリーズなどの消臭剤も撒きます。
そのほか、犬のトイレのそばにアロマランプを置いて一日中アロマオイルを垂らして良い匂いを発生させて、おしっこの匂いを目立たなくさせようとしています。
オイルはティートゥリーやシトロネラやグレープフルーツなどの柑橘系の香りと、シダーウッドやサイプレスなどのウッド系の香りのものを混ぜて使っています。
これは根本的な解決ではないのですが良い香りで気持ちもリラックスするので気に入っている方法です。
その他、トイレの範囲を拡大してもダメな経験から、もういっそコルク床の上にクッションフロアを廊下中に隙間なく敷き詰めてしみ込まないようにしようと思い、実践しました。

・犬専用の消臭スプレーをして消臭

おしっこのにおいを消すために、すぐに専用の消臭スプレーを使うようにしています。
以前、専用ではない室用の消臭スプレーをつかいましたが、おしっこのにおいはとれなかったため、必ず犬専用の消臭スプレーを使うことにしました。
私は、知人からカンファペットを勧められて使用しています。
ちょっと高価ですが臭いには効果がありました。
また、おしっこが絨毯についてしまったときには必ず先にふき取ります。
使い捨ての布類を使う時もありますがティッシュを使うことが多いです。
そして、ふき取った後は必ず専用の消臭スプレーを大量にかけて念入りに処理します。
吹いた後のティッシュはもちろんゴミ箱にそのまま捨てずにビニールに密封し、家の外のごみ袋に保管後、なるべく早くごみの日に捨てるようにします。
家の中にあると部屋ににおいが充満するためです。
また、犬を飼ってから空気洗浄機はかかさずまわすようにしています。

・ペットシーツはフローリングの上に直置きしない

まず、トイレの置き方ですが、洗面所のフローリングに直置きはせず、ジョイントマットを敷いた上に載せています。
もしもトイレからおしっこがはみ出したりしても、汚れた一枚だけ掃除ができますし、臭いが染みついた時には、新しいものと交換できますので。
また、壁にも飛び散ったりするといけないので、トイレの周囲の壁にも、ジョイントマットを両面テープで張り付けて、ガードしています。
これでも、ガードしきれなかった部分に臭いが付いたら、あるいは、うちの犬はトイレ以外ではおしっこをしませんが、友人の犬が遊びに来た時に、玄関を上がった途端におしっこをしてしまったことがありましたが、そのような時には、掃除をした後、ペット用品店で購入したペット専用の消臭スプレーをすぐにスプレーします。
もっと良い対処法があれば知りたいですね。

●ペット専用消臭スプレーのカンファペット

犬のおしっこの臭いを始め、様々なペットの臭いに効果があると言われています。
実際の声としては、

という感じでカンファペットの効果を実感されている様です。
室内犬の臭い対策にはカンファペット。劇的な解決方法をご紹介 』こちらの記事で実際にカンファペットを購入して使用した記事を取り上げているので興味がある方はどうぞ。

今だけのカンファペットお試しセットがあります。とても格安になっています。
カンファペットの公式サイトはこちらになります。
ペット消臭剤・除菌剤「カンファペット」

■さいごに

いかがでしたか?
犬のおしっこの臭いは気になりますよね。
室内に臭いが染み付いてしまうと、洋服や洗濯物などにも臭いが移ってしまいます。
また急な来客があった場合に部屋にあがってもらいづらいということもありますよね。
日頃から犬のおしっこの臭い対策はしっかりとして、快適に過ごしましょう。

カンファペットの公式サイトはこちらになります。
ペット消臭剤・除菌剤「カンファペット」

参考記事になります。合わせて御覧ください。
部屋が犬のにおいで臭い!解決策12選を徹底解説
プロキュア徹底解説。犬のうんちの臭いやうんちを食べるや便秘に効果があります
室内犬のトラブルランキング!臭いや抜け毛や無駄吠えなどの対策教えます
室内犬の臭い対策にはカンファペット。劇的な解決方法をご紹介
犬の口臭対策を徹底解説。絶対に試したいこと7選
ペットシアで犬の口臭対策!愛犬とキスするために
犬のお尻(肛門)が臭い!臭いの原因6つと対策について





ペットが動物病院で医療にかかると、とても高額な値段がかかります。

10万円以上から多い時には100万円以上かかる場合もあります。

ペット保険では医療費を50%から100%負担されるものもあります。

でも多くのペット保険から選ぶのは大変ですよね。

そういう場合にはペット保険の一括資料請求がが便利です。

今なら無料でペット保険を比較でき、図書カードを最大1500円分もらえることもできます。


詳しくはこちらからどうぞ。

保険スクエアbang!【ペット保険資料一括請求】

ペット保険

 - 室内犬の臭い, 犬の臭い , , , , ,