犬の病気対策マニュアル

*

犬が痙攣して嘔吐!考えられる原因の病気7選

      2016/10/02

犬

犬が突然痙攣を起こした!
嘔吐もしている!
そういう事で困ってはいませんか?
犬はよく嘔吐する動物として知られていて、一過性の単純な吐き戻しであれば心配要りません。
しかし、そこに痙攣という症状が加わると様相は一変します。痙攣と嘔吐の症状が現れる犬の病気を7つ挙げてみました。

■てんかん

痙攣といえば思い浮かぶ有名な病気ですね。こちらは嘔吐というより、泡をふく症状ですが、犬では多くみられる病気です。

◇原因

脳波の異常が原因です。脳波に異常が出る原因は次のようなものがあります。

・先天的な脳の問題(奇形)
・脳の損傷
・脳腫瘍
・肝臓や腎臓疾患
・低血糖症
・ミネラルバランスの乱れ
・天候
・ストレス

脳そのものに原因がある場合と、他の疾患が原因である場合があります。また、原因が特定できないケースもあり、多くは遺伝的な問題があると言われています。

◇症状

突然、四肢を強張らせて倒れ、痙攣しながら泡をふき、意識を失います。およそ30秒前後で発作が治まるケースが多いと言われていますが、数分続く場合もあります。
意識を失っている間に尿や便を漏らすこともあります。発作が治まるとなんの異常もない、普通の様子に戻ります。

◇治療

病気が原因の場合は、病気の治療を優先します。他に原因となる病気がない場合は抗てんかん剤を使います。てんかんの原因を特定するにはどんな時に発作がおこるのか観察し、記録しておく必要があります。

■ジステンパー

犬

ジステンパーは日本だけでなく、世界中で恐れられている犬の病気のひとつです。感染力が非常に強く、死亡率も高い病気で、特に子犬の場合は注意が必要です。

◇原因

犬ジステンパーウイルスが原因です。感染している犬の咳などの空気感染、ウイルスが付着したものを口や鼻から吸い込んでしまうことで感染します。

◇症状

初めは軽い発熱や食欲不振ですが、体力が低下している犬や子犬では、高熱・嘔吐・下痢・咳・鼻水などの症状が表れ、進行すると異常興奮・てんかん発作・体の一部がピクピクするチック症がみられます。カ
ゼかな、と思う症状が続いた後に嘔吐や発作が見られた場合は要注意です。

◇治療

残念ながらウイルスに直接作用する薬はなく、出ている症状を抑える対処療法しかありません。
感染力が強い病気なので他の犬から離して隔離し、入院して様子を見ながら治療をすることになります。

嘔吐がひどい場合は絶食し、保温しながら症状を抑える薬の投与などを行います。下痢などで脱水症状がみられる場合は輸液治療なども行います。

この病気にはワクチンがあります。生後45日くらいにワクチンを接種し、その後、約一か月間隔で3回接種するのが効果的と言われています。

■熱中症

犬の耳

こちらは人でもおなじみの症状ですね。犬は体温調節が苦手な動物です。
人が暑いと感じるよりも低い温度で熱中症にかかりますし、暖房の効いた室内では冬場でも注意が必要です。

気温25度を超えると熱中症の犬が増えると言われていますが、気温22度でも湿度が高いと熱中症にかかる可能性がありますので、気温と湿度両方に注意してください。

◇原因

放熱が間に合わず、体温が異常に高くなるのが原因です。犬は口を開いて舌を出し、唾液が蒸発する時の気化熱で体温を調節しています。
高温多湿の環境下では唾液の蒸発量が少なくなって体温調節ができなくなります。

夏のドライブなどでわずかな時間、エアコンの効かない車中にいただけでも熱中症になる可能性がありますので注意が必要です。

◇症状

最初は喘ぐような荒い呼吸から始まります。
多量のよだれ、脈が速くなる、口の中の粘膜が充血して鮮紅色になる、血液が混じった嘔吐や下痢、痙攣、呼吸不全といった症状が現れます。

◇治療

涼しい場所へ移動し、濡れたタオルで体を包むなどして冷やします。
意識があるなら水を欲しがるだけ飲ませ、多量のよだれをぬぐい取って呼吸を助けてあげます。

最初の症状が出てから3時間たったところで直腸温が41度以上あり、血便などの症状が出ていると回復の見込みが低くなってしまいます。早期発見、迅速な処置が重要です。

■尿毒症

犬

これは文字どおり、尿として排泄するはずの毒素が全身にまわって現れる症状のことです。腎臓疾患が原因です。尿毒症は腎臓疾患の最終的な状態のことで、命にかかわる状態にあることを示しています。

◇原因

腎臓に異常が起こり、体内の老廃物をろ過する能力が低下することが原因です。ろ過能力が低下すると尿として体外へ排出するはずの毒素が血液中に溜まり、全身にまわってしまって全身に異常が生じます。

◇症状

嘔吐、痙攣、体温の低下、食欲低下、体内のミネラルバランスの崩れ、口からアンモニア臭がする、などの症状がみられ、昏睡状態に陥って死に至ることもあります。

◇治療

体内の老廃物を体外へ排出するために、利尿薬を投与したり、輸液治療を行います。食欲がない場合は栄養補給も行い、重度の場合は人工透析を行うことも稀にあります。

腎臓に負担がかからないような食事に変える食事療法と輸液治療を継続的に行うことが重要です。ドッグフードを療養食に変えると、タンパク質を抑えながら栄養バランスの取れた食事ができます。

■チョコレート中毒

犬

犬に食べさせてはいけないものの代表ともいえるチョコレートによる中毒です。

◇原因

チョコレートに含まれるテオブロミンが原因です。これはチョコレートパウダーや製菓用チョコレート、ココア、お茶、コーラなどにも含まれています。

体重1kg当たりの致死量は250mg~500mgで、製菓用チョコレートに換算すると20~40gになります。小型犬の場合は少量で中毒症状が表れますので注意が必要です。

◇症状

興奮、不整脈、運動失調、嘔吐、下痢、発熱、多尿、筋肉の痙攣、発作、腹痛、血尿、脱水など様々な症状が表れます。
一度に多量摂取した場合は昏睡状態になり、死に至ることもあります。

◇治療

どれくらいの量をいつ食べたのか(治療するまでにどれくらい時間が経っているのか)によって治療法が変わります。
様子をみるだけの場合もあれば、下剤を使って排泄を促したり、嘔吐させる、胃を洗浄する、点滴輸液といった治療を行います。

■鉛中毒

犬

あまり聞き慣れませんが、鉛による中毒でも痙攣や嘔吐の症状がでます。

◇原因

古いペンキや絵の具、床材、バッテリーなど鉛の成分を含んだものを口にすることで中毒になります。

◇症状

嘔吐や下痢、てんかんに似た痙攣を繰り返します。

◇治療

飲み込んだものが体内にある場合は摘出手術をするのがもっとも効果的です。
他にも、鉛吸着剤を投与して鉛の成分を排出させます。散歩中などに拾い食いのクセがある犬は要注意です。

■有機リン系殺虫剤による中毒

犬

いわゆる殺虫剤が原因でおこる中毒で、嘔吐や痙攣の症状がみられます。殺虫剤は身近なものなので夏場に注意したい中毒です。

◇原因

殺虫成分であるトリクロロフォンやマラチオンなど、有機リン系殺虫剤を舐めたり、気化したものを大量に吸い込むことで症状がでます。

ノミ取り首輪や、身に付けるだけで虫除けができるグッズが原因になることもありますので、夏場の虫除け対策には充分注意してください。

◇症状

ぐったりする、下痢、嘔吐、よだれ、筋肉の痙攣が見られます。重症化すると呼吸困難や全身性痙攣を起こして昏睡状態に陥るケースもあります。

◇治療

解毒剤としてアトロピンなどを投与します。

いかがでしょうか。身近な症状、よく使うアイテムが原因の怖い病気がありますね。
痙攣と嘔吐が組み合わさった症状の場合は、できるだけ細かく状況をメモし、動物病院で診断を受けてください。

治療が早ければ早いほど完治する可能性が高く、犬の負担も少なくてすみます。
また、入院したり、投薬量が増えればそれだけ治療費がかさみます。早めの治療で飼い主の負担も軽く済ませたいですね。

■さいごに

いかがでしたでしょうか?
愛犬が急に痙攣を起こして、嘔吐したら驚きますよね。
原因はいろいろ考えられます。
熱中症や中毒の可能性もありますが、場合によっては命に関わります。
一大事になる前に動物病院に行くことをおすすめします。

関連記事になります。合わせて御覧ください。

犬の痙攣発作の正しい対処法と対応を解説

犬が痙攣で倒れた!泡やよだれの症状はてんかんが原因?対処法解説

犬の熱中症の症状!痙攣や死亡を引き起こす!注意点4つと対策と対処法

犬の尿毒症!症状や余命は?原因や治療法も解説

犬の尿毒症の末期症状とは?症状別の余命解説





当サイト経由で犬用サプリメントが無料でもらえるキャンペーンを期限限定で開催中

「おなかの調子がおかしい…」

「最近、毛艶が悪い…」

「便臭・体臭・口臭が気になる…」

「運動をしようとしなくなった…」

「食欲がない…」

上記の様な原因は腸内環境が原因の場合があります。
腸内環境を整えるにはサプリメントが有効です。
今なら期間限定で無料でもらえるサプリメントがあります。
是非、チェックしてみてください。

無料キャンペーン中のサプリメントについて詳しく見てみる

バナー原稿imp

 - 痙攣で倒れる , ,