犬の病気対策マニュアル

*

犬の目の周りが腫れる!原因と考えられる病気

      2016/10/02

犬

犬の目の周りが急に腫れだした!そんな経験はありませんか?
目の周りの晴は様々な原因が考えられます。
ひょっとしたら病気かもしれません。
今回は犬の目の周りが腫れる原因という事でお話ししたいと思います。

■腫れの原因

犬の目の周りが腫れる原因としていくつか考えられます。
アレルギーであったり、細菌感染や炎症、外傷といったものまで。
それらを放っておくと失明や眼球摘出などの大惨事になりかねません。腫れの原因によってどんな病気にかかっているか分かることもあります。

●チェリーアイ

犬

チェリーアイという病気は犬の瞬膜が飛び出てしまう病気です。
人間には存在しない部分なのであまり聞きなれない言葉ですが、チェリーアイになりやすい犬種を飼っている方は一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
なんの前触れもなく突出してしまうことが多いのですが、犬が目を気にしてこすってしまったりするとみるみるうちに腫れ、大きくなってきます。
中には瞬きの回数が多い、涙を流す、充血するといった症状まであります。
治療法としては点眼液でも炎症をある程度軽減できますが、根本的な治療としては外科的な手術となってきます。
ただ、再発率が高いので一度発症してしまうとこのチェリーアイとうまく付き合っていくと選択肢をされる方が多いと思われます。

犬のチェリーアイの原因や症状や治療法。手術費用はいくら?

●麦粒腫

麦粒腫とはまぶたの脂腺や汗腺の急性の化膿性炎症、また人間でいう”ものもらい”です。
麦粒腫は細菌感染で発症し、黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌が原因で発赤、腫脹、熱感を伴う局所疼痛が特徴です。
酷い場合はまぶた全体が腫れ、目やにが出ます。
炎症が広範囲に及ぶと白目が赤くなります。
早期発見ができれば抗生物質の点眼で治りますが、気にして目をこすったりどこかに顔を擦り付けるなど、そういった行動が見られたらエリザベスカラーを付けることを勧めます。
擦り付けることによって角膜に傷ができてしまうこともあります。
なお、高齢犬では、いぼが腫瘍化しまぶたの表面に突起物ができることもあります。
これをマイボーム腺腫と呼びます。
マイボーム腺腫ができると角膜し刺激してしまうため二次被害として角膜炎を発症することもあります。
それを防ぐためにも角膜炎になる前に腫瘍切除を検討してみましょう。

犬のものもらいの原因や症状や治療方法について。人にうつるの?

●歯周病

実は歯周病でも目の周りが腫れることがあるんです。
今の時代、成犬の8割が歯周病といわれています。
歯周病の見分け方は比較的簡単です。
本来ワンちゃんの歯肉はきれいなピンク色をしてますが炎症により赤く色を持っている、また口臭が酷いなど。
歯垢や歯石の細菌が周りを溶かし、更に歯根、骨を腐らせ壊していき、最終的に目の下に膿が貯まり腫れるということです。
目の周りが腫れたからといって点眼薬などは必要ありません。
切皮し膿を出して、痛みの基のぐらついた歯を抜歯してあげるのが一番の治療になります。

●緑内障

resize

緑内障とは、目の硬さや張り、大きさを保つための眼房水が貯留し過ぎて眼圧が高くなった状態になり、目の痛みや視覚障害、最悪失明を起こす病気です。
原因としては病気によって発症する場合ですと、主にぶどう膜炎や水晶体脱臼など、自然に発症する場合は遺伝的な部分があります。
緑内障は眼圧の上昇により激しい痛みや白目の強い充血、また眼球が腫れるといったことも起こりえます。
眼球が腫れ、拡大したものを牛眼と呼び、根本的な治療は眼球の摘出手術しかありません。また緑内障と診断された時はすぐに治療を開始してください。
早期の治療法として点眼薬が主体となってきますが、静脈点滴などで眼圧を下げることもできますのでその進行状況に合った処置を行っていきましょう。

犬の緑内障の原因や症状や治療法解説。手術費用はいくら?

■さいごに

いかがでしたでしょうか?
犬の目の腫れる原因や病気を紹介してきました。目は視覚を司っています。
老齢性のものなら諦めがつきますが、予防できる病気を予防できないのが一番辛いですよね。
普段ワンちゃんと過ごす中でおかしいな、と感じたらすぐに病院に連れて行ってあげましょう。
目の腫れだけでなく、角膜に傷が付くだけで失明に陥ってしまうことだってあるのです。
必ず、自分で判断せずに獣医師さんに指示を仰ぎましょう。

関連記事になります。合わせて御覧ください。

犬の目の充血!白い!赤い!目の色がおかしい場合の病気と原因のまとめ

犬の目の病気5選。目をこすったり充血や腫れが出たら要注意です

犬の目の病気。緑色や黄色の目やにや涙が出る。原因として考えられること4つ

犬の目に膜のような物がある!原因と考えられる病気





ペットが動物病院で医療にかかると、とても高額な値段がかかります。

10万円以上から多い時には100万円以上かかる場合もあります。

ペット保険では医療費を50%から100%負担されるものもあります。

でも多くのペット保険から選ぶのは大変ですよね。

そういう場合にはペット保険の一括資料請求がが便利です。

今なら無料でペット保険を比較でき、図書カードを最大1500円分もらえることもできます。


詳しくはこちらからどうぞ。

保険スクエアbang!【ペット保険資料一括請求】

ペット保険

 - 目の周りが腫れる , ,