犬の病気対策マニュアル

*

犬のフィラリア症の予防薬を服用する時期はいつから?注意点は?

      2016/10/02

犬

都心部で室内飼いされている犬の感染率は低くなった、と言われていますが、蚊が媒介するこの病気を完全に防ぐことはできません。また、感染すると完治させることが非常に難しいやっかいな病気です。

フィラリア症は予防が大切でたくさんの予防薬があります。予防薬を服用する時期、注意点などをまとめました。

■犬のフィラリア症とはどんな病気?

フィラリア症とは、蚊が媒介するフィラリアという寄生虫に寄生されることで発症する病気です。成虫は心臓や肺動脈に寄生し、血流を阻害したり、心臓や血管の壁を傷付けてもろくしてしまいます。

フィラリアの成虫はオスが約20cm、メスが約30cmもある細いそうめんのような寄生虫です。たとえ数匹でも心臓の弁の働きを阻害したり、血管を狭くして血行不良を起こします。

血行不良になると犬は酸素が十分に取り込めず、呼吸困難のような症状が出たり、血流不足で全身の臓器に障害が現れます。

蚊に刺されないようにするのが大切ですが、100%刺されない環境を作ることは不可能です。フィラリア予防をせずに、蚊が活動するシーズンを3回過ごすと確実に寄生されてしまうともいわれます。

フィラリアの成虫が心臓や肺動脈に寄生すると、最初は軽い咳が出る程度ですが徐々に症状が進行し、激しい咳き込み、運動を嫌がる、腹部に水が溜まってパンパンに腫れる、心不全、呼吸困難、肝硬変という症状が現れ、死に至ることがあります。

■犬のフィラリア症の予防薬はいつから服用するの?

 

犬

フィラリア予防薬は蚊が活動を始める前から服用を始め、蚊の活動が終わってから約1か月後まで服用し続けます。

地域によりますが5~11月まで予防薬を使用し続けることになります。ほとんどの予防薬が月1回服用することになっており、約半年間は継続的に服用し続けます。

毎年の狂犬病予防接種を4~6月に行いますよね。その時に獣医師と相談し、フィラリア予防対策を検討することをおすすめします。

■犬のフィラリア予防薬の注意点は?

フィラリア予防薬を使用する際には、必ず次の点について注意が必要です。

●フィラリア予防薬の服用前の検査

フィラリアに対する薬には、幼虫に効くものと、成虫に効くものがあります。また、感染しているか、していないかを確認して予防法・治療法を選ばなければ効果を望めません。

フィラリアに感染している犬に誤った薬を投与すると、ショック状態に陥ったり、急性の心不全や血流不全を起こして死に至る危険があります。フィラリア予防薬は必ず感染の有無を確認してから使用しましょう。

フィラリアに感染しているかどうか、ということは血液検査で確認します。

・ミクロフィラリアの検出

採取した血液を顕微鏡で観察して、フィラリアの赤ちゃんともいえる「ミクロフィラリア」がいるかどうか確認します。

・抗原検査法

検査キットを使い、フィラリアのメスが出す物質が血液中に含まれているかどうか確認する方法です。

ただ、ミクロフィラリアを見逃したり、オスのフィラリアのみの感染、未熟なフィラリアのみ、といった状態で感染を見逃すこともあります(オカルト感染といわれています)。

このため、血液検査で陰性と判断されても、獣医師の指示のもとで犬の様子を見ながら投薬を続ける必要があります。

●体重測定をしっかりと!

犬

フィラリア予防薬は犬の体重に合わせて使用する量を調整します。ちょっとした体重の増減でも、薬の効果に大きな影響を与えます。

必ず正確に体重を量ってから薬を処方してもらい、適正な量を使用するようにしましょう。

●フィラリア予防薬の服用は毎月必ず忘れずに!

フィラリア予防薬は効果が持続する期間が限られています。このため、多くの予防薬は月1回服用するようになっています。

フィラリアの幼虫の成長段階は第1期幼虫から第5期幼虫まであり、その後、成虫となったメスがミクロフィラリアを産みます。

予防薬は第4期幼虫を駆除することで成虫になるのを阻止します。薬の服用を忘れると第4期幼虫を駆除できずに成虫になってしまい、心臓や肺動脈に寄生される危険があります。

■犬のフィラリア予防薬は自由に買えるの?

犬

フィラリア予防薬はたくさんの種類があります。

・錠剤
・散剤(粉薬)
・注射薬
・滴下剤
・チュアブル薬

錠剤を飲み込むのが苦手でも、散剤をフードに混ぜて飲ませたり、ジャーキーのようなチュアブル薬を食べさせたり、注射や滴下剤を使用するなど犬に合った方法で予防が可能です。

また、成分も多数あり、特定の薬剤にアレルギー反応を起こす犬でも選択肢がたくさんあります。

さらに、フィラリア単独の予防薬もあれば、内部外部寄生虫駆除の効果があるものもあって、効率よく複数の寄生虫を駆除できるものもあります

ただし、これらは要指示薬といって獣医師の処方箋なしでは購入できません。ネット販売(海外からの個人輸入)を利用すれば安く入手できる、というサイトがありますが、そのほとんどが違法行為になります。

どうしてもフィラリア予防薬をネットで購入したい場合は、獣医師に処方箋をもらった上で、次のサイトを参考にして農林水産省に届け出をするようにしましょう。

動物の所有者が自己所有の動物に使用するために動物用医薬品等を輸入する場合-農林水産省
http://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/yakuzi/y_import/pdf/for_private.pdf
http://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/yakuzi/y_import/kakunin.html

獣医師の処方箋は動物病院に行かなければもらえません。動物病院に行くなら、その場で薬を処方してもらった方が早いですし、安心ではないでしょうか。

■まとめ

いかがでしたでしょうか?
フィラリア予防薬は服用期間が半年前後必要になります。多くが月1回の服用となりますが、薬によっては半年間効果が持続するものもあります。

犬の体重や感染の有無、飼い主の経済的な理由などで選択できる薬が変わってきますので、必ず使用前に獣医師に相談し、検査を受けて予防薬を服用するようにしましょう。

そして必ず予防薬は切れ目なく使用して確実に効果が得られるようにしましょうね。





ペットが動物病院で医療にかかると、とても高額な値段がかかります。

10万円以上から多い時には100万円以上かかる場合もあります。

ペット保険では医療費を50%から100%負担されるものもあります。

でも多くのペット保険から選ぶのは大変ですよね。

そういう場合にはペット保険の一括資料請求がが便利です。

今なら無料でペット保険を比較でき、図書カードを最大1500円分もらえることもできます。


詳しくはこちらからどうぞ。

保険スクエアbang!【ペット保険資料一括請求】

ペット保険

 - 犬のフィラリア症 , , , ,