犬の病気対策マニュアル

*

犬が痙攣で倒れた!泡やよだれの症状の原因とは?対処法解説

      2016/10/02

犬が痙攣で倒れる

■犬の痙攣発作

愛犬が急に痙攣発作を起こしたら、とても心配ですよね。

ガクガクと震え、そのまま倒れてしまう様子は見ている方も驚いてしまいます。
初めての場合は、どうしたらいいのかわからずにオロオロとしてしまうでしょう。
今回は、犬が痙攣発作を起こした時に飼い主はどうしたらいいのかについて紹介します。

 

●痙攣発作の症状

急にガクガクと震え出し、手足を硬直させてそのまま倒れてしまいます。
手足をバタバタさせたり、そのまま意識がなくなる場合もあります。
泡をふいたり、尿失禁がみられることもあります。
時間としては、大体が1分程度でおさまります。
発作の前や後に、落ちつきのない行動を取ることもあります。
ふらふらしたり、いつもと何か違うと感じたら、注意してください。
朝方や夜中に起こることが多いです。

 

●痙攣発作の原因

主な理由として、てんかん発作があげられます。
神経に異常が起きた場合にみられるものです。
遺伝的な要因も強いので、ゴールデンレトリーバーや、ボクサーなどの大型犬は注意しましょう。
他にも、脳腫瘍、水頭症、心臓の病気、中毒症状、などが原因としてあげられます。

 

●てんかん

痙攣で一番多いのがてんかんになります。

 

・てんかんの症状

突然、四肢を硬直させて倒れてしまいます。
よあれを流したり、泡を吹いて意識を失い、失禁する場合もあります。
発作は1分以内で治まることがほとんどです。
発作が治まると元に戻ってしまいます。
長く発作が起きる場合は、他の病気も考えられますので注意が必要です。
後述しますが、ビデオ撮影してその様子を撮っておくと診察の時に役立つと思います。

 

・てんかんの原因

様々なことが考えられますが、原因不明なことが多いです。
恐怖や興奮や怒りなどの激しい感情や動揺がきっかけで起こる場合もあります。
遺伝的なことも多いので一度てんかんを起こした犬は注意が必要になります。
詳しくは獣医に相談しましょう。

 

・てんかんの治療

あきらかにてんかんと分かる場合は、抗てんかん薬を処方されます。
実際には、他の病気の可能性も考えられますので獣医に相談することが大切です。

 

●中毒

食べ物中毒、薬品中毒など誤飲によって中毒症状を起こし痙攣する場合があるので注意が必要です。
詳しくは『犬に食べさせてはいけない食べ物11選。それ食べると死んじゃうよ! 』こちらもご覧ください。

 

●対処法について

対処法についてまとめました。

 

① 発作の時間や間隔をはかる

発作が起こっていた時間を確認しましょう。時間や間隔をはかっていると、病院に行った時に正しく伝えることができます。
発作の様子をビデオで撮っておくと、伝えやすいのでおすすめです。
大体の発作が1分程度でおさまりますが、30分以上続いたりする場合は、すぐに病院に連絡してください。

 

② あまり触らない

犬が痙攣を起こすと、我々は焦ってしまいがちですが、決して抱き抱えたりしないでください。
痙攣発作中は、予想外の動きをします。抱き抱えることで落としてしまったり、爪で引っかかれたり、噛み付かれたりすることがあります。
痙攣が落ちつくまで、ただ見守るか、ゆっくりと体をさすってあげる程度にしましょう。

 

③ ケガをしないように周りのものを片付ける

痙攣発作を起こすと、手足をバタバタさせたり、急に倒れたりします。
何かにぶつけてケガをしないように、周りに危ないものがないか確認して片付けましょう。
首輪やリードをしている場合は、外してあげた方がいいです。

 

④ 飼い主さんが落ちつく

とにかく落ちついてください。
焦っても仕方がありません。様子をよく見守ってあげてください。
夜中や明け方に発作が起こっても、すぐに落ちついた場合は夜間救急病院へ行く必要はありません。
30分以上長く続く場合や、歯茎の色が白い場合は夜間救急病院に連絡しましょう。

 

■最後に

愛犬が急に痙攣発作を起こしたら、どうしても焦ってしまいます。
このまま死んでしまうのではないかと、とても怖くなりますよね。
しかし、焦らずにしっかりと見守りましょう。
愛犬の様子をよく見て、必要ならばすぐに病院へ連絡してください。

参考記事になります。合わせて御覧ください。

犬の痙攣発作の正しい対処法と対応を解説

犬が痙攣して嘔吐!考えられる原因の病気7選

犬のよだれが多い原因から考えられる病気など7選

ミニチュアダックスフンドがかかりやすい病気5選。椎間板ヘルニアの予防法など

犬がよだれを垂らす!泡を吹く!原因と考えられる病気





ペットが動物病院で医療にかかると、とても高額な値段がかかります。

10万円以上から多い時には100万円以上かかる場合もあります。

ペット保険では医療費を50%から100%負担されるものもあります。

でも多くのペット保険から選ぶのは大変ですよね。

そういう場合にはペット保険の一括資料請求がが便利です。

今なら無料でペット保険を比較でき、図書カードを最大1500円分もらえることもできます。


詳しくはこちらからどうぞ。

保険スクエアbang!【ペット保険資料一括請求】

ペット保険

 - 痙攣で倒れる , , , , , , , ,