犬の病気対策マニュアル

*

ドッグトレーナーがブログでオススメする老犬の簡単手作りご飯。 シニアドッグに優しいスープを紹介

      2016/10/02

アップ

◆シニアドッグにオススメの手作り食事

医療や食生活が洗練され、犬の平均寿命も延びています。

だからこそ、人間同様に、介護の必要な犬も増えてきました。
食欲が落ちてきた、噛む力が弱くなってきた、
食餌の介助が必要になった・・・
そんなとき、するすると喉越しよく、滋味深い、シニアのための手作り栄養食を、オススメします。

 

◆スープなら介護食・流動食にうってつけ

犬の介護食は、市販のものもありますが、出来ることなら愛情込めて、作ってあげたい!
介護疲れにならないように、手軽に作れ、毎日、毎食与えてあげられる、スープタイプはとても便利です。
噛む力、飲み込む力に合わせドライフードにかけてふやかしたり、とろみをつけた流動食にも使えます。

 

◆4品目の食材で

4品目のグループの食材で、作ります。
1. たんぱく質
2. 野菜
3. 海藻
4. きのこ
各グループの食材を、単品か複数選びます。

 

◆シニアドッグのための優しいスープ レシピ

 食材

1. 脂肪の少ない牛・豚・鶏ミンチ肉
2. ブロッコリー、南瓜などの緑黄色野菜や人参などの根菜
3. わかめ、昆布、あーさなど
4. 乾燥椎茸、生椎茸、エリンギ、しめじなど

 作り方

1. 野菜は冷凍の場合、一旦解凍し一口大ぐらいにカット。

2. 海藻類は乾燥のものは、水で戻し3cm幅ぐらいにカット。

3. 乾燥椎茸はお湯で戻し、1cm幅ぐらいにスライス。
生のきのこ類は、3cmぐらいにカット。

4. 全ての食材を、鍋かレンジ容器でひたひたの水とともに煮ます。
乾燥椎茸の戻し汁も入れます。
加熱時間は、野菜がくたっとするぐらいが目安。

5. 煮あがったら、目の細かいざるや、キッチンペーパーで濾します。
冷まして、小分けにし冷凍保存しておくと便利。

 

◆さいごに

とろみつけには、本葛粉をオススメします。
少々高価ですが、腸の粘膜を優しく保護し、血行促進、免疫機能を高めるといった効果があります。
下痢をしたときにも、お腹に優しく、水分や栄養を補給できて、葛きりにしたり葛湯にしたりと重宝します。
また、煮て濾した食材を、フードプロセッサーで滑らかにし、スープと合わせれば流動食にもなります。
飼い主さんにも負担の少ないハンドメイドの優しいスープで、穏やかなシニアドッグ生活を!





ペットが動物病院で医療にかかると、とても高額な値段がかかります。

10万円以上から多い時には100万円以上かかる場合もあります。

ペット保険では医療費を50%から100%負担されるものもあります。

でも多くのペット保険から選ぶのは大変ですよね。

そういう場合にはペット保険の一括資料請求がが便利です。

今なら無料でペット保険を比較でき、図書カードを最大1500円分もらえることもできます。


詳しくはこちらからどうぞ。

保険スクエアbang!【ペット保険資料一括請求】

ペット保険

 - ドッグトレーナーがオススメする手作りご飯