犬の病気対策マニュアル

*

動物病院を嫌がる犬の対処法4選。元動物看護士があなたにだけ教えます

      2016/10/02

Happy running

 

■動物病院を嫌がる犬

みなさんの愛犬は、動物病院を嫌がってはいませんか?

毎回連れて行くのが大変なほど嫌がる、病院の前まで来ると立ち止まって入らない、など困っている飼い主さんも多くいるでしょう。
犬は記憶力のいい動物です。
以前に動物病院でされたことを、しっかりと覚えているのです。
動物病院は、診察や注射など、犬にとって痛いことや嫌なことばかりしますよね。
治療や予防のためとは言っても、犬たちにはそんなことわかりません。
単に、嫌な場所、怖い場所として記憶されてしまうことが多いのです。
しかし毎回嫌がられては、飼い主さんも病院に連れて行くのが大変ですよね。
そこで今回は、病院を嫌がる犬たちの対処法について、お話しします。

 

① 子犬の頃から慣れさせる

子犬のうちから、病院に慣れさせておきましょう。
毎月のフィラリアやノミダニ予防薬、健康診断などで、こまめに動物病院へ連れて行きましょう。特に病気でなくても構いません。しつけの相談や、食事の相談でもいいのです。
子犬の頃から通い、慣れておくことで、病院に対する恐怖心も和らぎます。
獣医師や看護師などの病院スタッフに慣れておくことも大切ですね。
スタッフのことを好きになってくれれば、もしかしたら動物病院も大好きになってくれるかもしれません。

 

② 散歩コースに病院があればよい

毎日の散歩コースに病院があれば理想的です。
いざという時にも、近くであれば連れて行きやすいですよね。
緊急を要する事態の時も、近い方がより早く治療を受けることができます。
散歩コースに病院があれば、犬にとっても拒否感が薄くなります。
毎日の楽しいお散歩の中に、病院が組み込まれますので、「嫌なもの」という感覚が薄れるのです。
犬は道も覚えてしまいます。
いつもの散歩コースではなく、病院へ向かおうとしただけでわかってしまうこともあるのです。

 

③ 外で待つ

犬が病院を嫌いな理由は、さまざまです。
もちろん、「痛いこと、怖いことをされたから」というのもひとつですが、「知らない犬がたくさんいるから」というのも、大きな理由となります。
待合室で順番を待っていると、たくさんの犬がいます。
大型犬や小型犬、吠える犬もいます。
愛犬が怖がってしまう場合は、病院の外で順番を待つ方がいいでしょう。
他の犬を見ると興奮してしまう場合も、診察の前にあまり興奮させるのはよくありませんので、外で待つことをおすすめします。

 

④ ご褒美をあげる

病院へ行ったら、ご褒美をあげましょう。
おやつでなくても構いません。
「病院へ行けてえらかったね」と、たくさん褒めてあげてください。
そうすることで、病院嫌いも少しずつ治ってくるかもしれません。

 

■さいごに

犬にとって、動物病院とは嫌な存在であることの方が多いでしょう。
子供たちが病院を嫌うのと同じことです。
しかし、少しの工夫で、病院に対する恐怖心や拒否感を薄めることができるかもしれません。
動物病院へ行くことが、犬にとってストレスにならないようにしてあげることが大切です。

参考記事になります。合わせて御覧ください。
動物病院の診察で必ず伝えること。4つを症状別に解説します
犬の動物病院の賢い選び方6選。時にはセカンドオピニオンも大切です
犬の予防接種は必ず受けなければいけません!狂犬病、感染症の予防接種についてのまとめ
犬の健康診断をオススメする理由。元動物看護士が解説します





ペットが動物病院で医療にかかると、とても高額な値段がかかります。

10万円以上から多い時には100万円以上かかる場合もあります。

ペット保険では医療費を50%から100%負担されるものもあります。

でも多くのペット保険から選ぶのは大変ですよね。

そういう場合にはペット保険の一括資料請求がが便利です。

今なら無料でペット保険を比較でき、図書カードを最大1500円分もらえることもできます。


詳しくはこちらからどうぞ。

保険スクエアbang!【ペット保険資料一括請求】

ペット保険

 - 動物病院を嫌がる場合の対処法 , , ,