犬の病気対策マニュアル

*

犬の歯磨きのやり方など歯周病予防法3つを紹介

      2016/11/23

ポケットドルツ キッズ

 

■犬の歯周病予防

愛犬の歯は汚れてはいませんか?

歯の健康チェックを怠ると、歯周病になってしまう恐れがあります。
歯周病は、飼い主さんが気をつけることで防ぐことのできる病気です。
歯磨きをするなど、愛犬の歯の健康チェックは忘れずにおこないましょう。
今回は、犬の歯磨きの仕方や歯周病予防法についてお話しします。

 

■歯周病予防法

歯周病は、口の中の状態をきれいに保つことで防ぐことができます。
口の中をきれいにするには、歯をきれいにして歯茎を健康な状態に保つことが大切です。
では、どのようにして歯をきれいにすればいいのでしょうか。

 

① 歯磨きをする

歯をきれいに保つには、歯磨きが一番です。
人間のように毎日する必要はありませんが、定期的に磨いてあげましょう。
しかし犬によっては、歯を触ろうとすると噛み付く犬もいます。
子犬の頃から慣れさせておくと抵抗が無くなります。
また日頃から歯を触ることに慣れさせておくことが大切ですが、危険な場合は無理をしてはいけません。
ケガをする危険性がありますので、一度病院へ相談しましょう。

 

・犬の歯磨きの仕方

犬用の歯ブラシを使います。
歯ブラシがなければ、ガーゼなどでも構いません。
ガーゼの場合は、指に巻きつけて使うとうまく磨くことができます。
まず、犬を横向きに寝転がせます。
そして片手で口を開けて、磨いてあげましょう。
歯と歯茎の間に汚れが溜まりやすくなっています。
歯茎をマッサージするように優しく磨いてあげてください。
前歯よりも奥歯の方が汚れやすいので、奥歯はしっかりと磨きましょう。
歯磨きペーストは特に使う必要はありませんが、犬の好きな匂いがするのでそれでおとなしく歯磨きをさせてくれる場合は使ってあげてください。

 

② 歯磨きガムを噛む

歯磨きをするのが困難な場合などは、歯磨きガムを噛ませるのも効果的です。
固い歯磨きガムは、歯垢を落としてくれる効果があります。
噛ませておくだけでいいので、飼い主さんの負担にもなりません。
おやつ代わりにあげるのもいいでしょう。

 

③ ドライフードを食べさせる

エサは、できるだけドライフードにしましょう。
ウェットタイプのものや缶詰などは、やわらかいのでどうしても歯が汚れてしまいます。
その点ドライフードだと、歯が汚れにくいのです。
ドライフードはどうしても食べない場合老齢犬なら仕方がありませんが、歯のためにはできるだけドライフードを食べさせることをおすすめします。

 

■さいごに

歯磨きが苦手な犬にはこちらの商品がオススメです。
飲み水に混ぜるだけで歯周病予防効果があります。
口臭、歯垢、歯石といったお口のトラブルを解決してくれます。

歯の健康状態を保つことで、歯周病を防ぐことができます。
歯周病は、こじらせると大変な病気です。
歯石があまりにもひどい場合は、全身麻酔をして歯石除去をすることもあります。
こうならないためにも、日頃から歯の健康チェックを忘れずにおこなうことが大切です。

参考記事になります。合わせて御覧ください。

ペットシアで犬の口臭対策!楽天より安く手に入れる方法教えます

犬の口臭対策を徹底解説。絶対に試したいこと7選

子犬の歯が抜けた!生え変わりの時期や注意する点について解説

犬の歯が抜けた。抜ける原因は何?病気のサイン?





ペットが動物病院で医療にかかると、とても高額な値段がかかります。

10万円以上から多い時には100万円以上かかる場合もあります。

ペット保険では医療費を50%から100%負担されるものもあります。

でも多くのペット保険から選ぶのは大変ですよね。

そういう場合にはペット保険の一括資料請求がが便利です。

今なら無料でペット保険を比較でき、図書カードを最大1500円分もらえることもできます。


詳しくはこちらからどうぞ。

保険スクエアbang!【ペット保険資料一括請求】

ペット保険

 - 犬の歯周病予防法 , , ,