犬の病気対策マニュアル

*

犬の外飼いで気を付ける病気や注意点を紹介

      2016/10/02

犬

■犬の外飼い

愛犬を外で飼っていて病気になったことはありませんか?
外で飼うことにより病気になるリスクが上がる病気があります。
最近では、犬を室内飼いしている方が多く見られるようになってきました。
しかし、まだまだ家の外で犬を飼っている方も多くいます。
特に大型犬や中型犬は、室内飼いをすることで起こる問題もありますので、外飼いを選択する方も多いでしょう。
今回は、犬の外飼いについて、注意するべき点やかかりやすい病気などをお話しします。

 

●犬を外飼いする時に注意すべきこと

まずは、犬を外飼いする時の注意点について解説します。

 

① 脱走

犬を外で飼うと、常に飼い主さんが見ているというわけにはいきません。
犬小屋から抜け出して外へ飛び出してしまうととても危険です。
事故に合うかもしれませんし、他の人に迷惑をかけるかもしれません。
迷子になって、戻ってこないかもしれません。
必ず、脱走は防ぎましょう。
基本的に、首輪とリードでつないでおきましょう。
放し飼いをする場合は、庭から出られないように柵を設けたり、ドアには鍵をつけるなどの工夫をしてください。

 

② 誤飲

犬の周辺には、余計なものを置かないようにしましょう。
誤飲をしてしまうと食道や胃や十二指腸で詰まったりします。
詰まってしまうと腸閉塞になり、命に関わる状態になってしまいます。
もし誤飲してしまうと、手術で取り除かなければなりません。
もしくは、過酸化水素水を薄めたものを飲ませたり、食塩水を飲ませたりして嘔吐させる方法もあります。
詳しい知識が必要になりますので誤飲する前に獣医師に尋ねることをオススメします。
また、植物なども置かないようにしましょう。
犬が食べると中毒を起こしてしまう植物があります。
アサガオやスズラン、スイセンなどは危険ですので、特に注意してください。
こちらもご参考ください。
犬の誤飲まとめ。原因や症状や対処法について元動物看護士が教えます
犬に食べさせてはいけない食べ物11選。それ食べると死んじゃうよ!

 

③ 気温

気温の変化にも注意しましょう。
夏は暑すぎて、熱中症になる危険があります。
また、冬は気温が低くなります。
体温が低下しすぎると、大変危険な状態になります。
毛布を敷いたり、犬小屋に風が入り込まないように工夫してあげてください。

 

④ 清潔

犬小屋を清潔に保つことも大切です。
汚れがひどいと、皮膚病の原因にもなります。
外にいると、どうしても体が汚れやすくなりますので、シャンプーできれいにしてあげましょう。
犬小屋も定期的に掃除してあげてください。

 

●注意するべき病気

犬の外飼いで注意すべき病気について解説します。

 

① 熱中症

最近では、夏場の外気温は昔よりかなり高くなっています。
犬を外飼いする時は、熱中症に気をつけましょう。
新鮮な水を常に飲める状態にしておくこと、日陰を作ること、風通しをよくすることなどの工夫をしましょう。
保冷剤や、凍らせたペットボトルなどもおすすめです。
しかし、使用する場合は誤飲に気をつけてください。
ペット用の冷たいマットも販売されていますので、利用するのもいいでしょう。
こちらの記事も参照ください。
犬の熱中症の症状!痙攣や死亡を引き起こす!注意点4つと対策と対処法

 

② フィラリア症

外飼いすると、蚊に刺される機会も多くなります。
蚊に刺された場合にフィラリア症にかかる危険性があるので注意が必要です。
フィラニア症とは、フィラニア(犬糸状虫)という寄生虫に感染する病気です。
外飼いの犬の死因でトップになっています。
主な原因は蚊が媒介になり感染することです。
症状としては咳が出たり、腹水がたまったりします。
お腹に水がたまると明らかにお腹が膨れます。
犬を座らせた時に重力によって下の方に膨らみが移動する場合やお腹を軽くたたいて水が波打つような反応をする場合には腹水の可能性が高くなります。
治療は、駆虫薬や手術になります。
しかし、駆虫薬で殺したフィラニアが血管に詰まってしまう可能性があるので判断が難しいところです。
フィラリアは予防薬が確立されているので予防はしっかりとしましょう。
毎月予防薬を飲ませることで、予防することができます。

 

③ 皮膚病

体が汚れてしまうことで、皮膚に細菌が繁殖して皮膚炎を起こす可能性があります。
皮膚の弱い犬は気をつけてあげてください。
また、寄生虫などに感染する可能性もあります。
かゆがっていないか、皮膚の状態をよく見てあげましょう。
詳しくはこちらをご覧ください。
犬の皮膚が赤い!黒い!色別の皮膚病の原因を解説

 

■さいごに

外飼いをする場合は、どうしても飼い主さんの目が届かない部分が多くなります。
常に側で見てあげられない分、こまめに様子を見に行ってあげましょう。
気温は大丈夫か、快適に暮らせているかなど、体調管理をしっかりとしてあげてください。

参考記事になります。合わせて御覧ください。
犬の皮膚が赤い!黒い!色別の皮膚病の原因を解説
犬の熱中症の症状!痙攣や死亡を引き起こす!注意点4つと対策と対処法
犬の誤飲まとめ。原因や症状や対処法について元動物看護士が教えます
犬に食べさせてはいけない食べ物11選。それ食べると死んじゃうよ!





当サイト経由で犬用サプリメントが無料でもらえるキャンペーンを期限限定で開催中

「おなかの調子がおかしい…」

「最近、毛艶が悪い…」

「便臭・体臭・口臭が気になる…」

「運動をしようとしなくなった…」

「食欲がない…」

上記の様な原因は腸内環境が原因の場合があります。
腸内環境を整えるにはサプリメントが有効です。
今なら期間限定で無料でもらえるサプリメントがあります。
是非、チェックしてみてください。

無料キャンペーン中のサプリメントについて詳しく見てみる

バナー原稿imp

 - 犬の外飼い , , ,