犬の病気対策マニュアル

*

室内犬のトラブルランキング!臭いや抜け毛や無駄吠えなどの対策教えます

      2016/09/29

犬

■室内犬でのトラブル

犬を室内飼いしていて困ったことはありませんか?
またこれから室内で犬を飼うことを検討している方はいませんか?
最近は小型犬のブームもあり、室内で犬を飼う人もとても多くなってきました。
しかし、犬を飼うことによるトラブルもあります。
今回は犬の室内飼いでのトラブルという事で紹介します。
犬の購入を検討されている方は、これらの事を承知の上で犬を購入されることをオススメします。

 

■室内犬でのトラブルランキング

ここでは室内犬でのトラブルを口コミを元にランキング形式にご紹介します。

 

●1位 トイレトレーニング

・同じ犬種だと、同じ場所にしてくれるのでしょうか?躾の問題だったのか、今更なおすのも難しいトイレの場所。
我が家の2匹は、それぞれお気に入りのトイレスポットが違うのが悩み。
部屋の部屋のあちこちにトイレシートが置いてある状態です。
先住犬はトイプードルだったせいか、覚えも早く、フリーにしてからも、こちらが指定して場所でしてくれるので
つい同じ感覚でいたら、そもそもトイレトレーニングが時間が掛かり、ケージで出来るようになってもフリーにしたら、リビングのど真ん中で、歩きながらポトポト落とすと言う始末。
とっても気持ちよさそうにするけれど、さすがにそれはまずいぞ!と、様子を伺うようにしてもケージでのトイレトレーニングで苦労した時と同じく、食後一定時間内にする事もなければおしっこもうんちも、トイプードルのように、くるくるまわるような合図もなくいきなりためらいなくしてしまうマルチーズさん。
予測不能の我が家のマルチーズのトイレトレーニングは
ケージで1年フリーで1年、かなりの時間を費やし、場所が違えど、真ん中でしなきゃ良いと言う結末になりました。

 

・我が家のトイプードルは兄弟犬2匹。
生後1ヶ月半でお迎えしたのでしつけやトレーニングに不安はありましたが、吠え癖も噛み癖も元々なかったので困ることはありませんでした。
しかしトイレトレーニングが上手くいきませんでした。
まず、2匹いるので子犬の頃はじっとしていません。
なのでおしっこしながら走り回るのは当たり前。
そして、ホームセンターによくある犬用トイレはサイドのロックを外して分解。歯の生え変わる時期は特にひどかったです。
はずしたロックの部分をずっとかじっていました。
ある日、子犬がトイレに挟まれて出れなくなっているのを見た時に大きな事故になる前にやめようと思って、それから犬用トイレは使っていません。
ペットシートをひいて置くだけになりました。

 

・散歩をするつもりできちんと教えなかったせいもありますが、私の妊娠を機に散歩が難しくなり、トイレをしつけましたが覚えません。
試しにしつけ教室にも連れて行きましたがだめでした。
顔を見ながら別の場所にしているので、おそらくわざとなのかもしれません。
用を足したあとを散らかしたり、その上に寝そべったりしています。
そのため、糞尿もですが、愛犬自体もにおいがきついです。
夏場は特にきつくなります。

 

・我が家で飼っているチワワとミニチュアダックスフントのミックス犬は、家族の指示にはきちんと従う、とても良い犬なのですが、雨の日等、散歩に行けないと玄関マットに粗相をしてしまいます。
始めの内は、まだ子犬という事もあり偶然なのかと思っていましたが、決まって散歩へ行かない時にトイレ以外の場所でトイレをしています。
普段は、いけない事と分からずに悪さをしてしまうと、普段通りの生活を送っています。
悪さが飼い主に知れてしまうと、飼い主に怒られちゃんと反省し同じ事は2度としません。
しかし、トイレの悪さに関しては、飼い主が怒ろうとすると牙を向けて怒ってきます。
この時は、大きな音を立ててしかっても反省はしません。
また、家族で無視をしていても、全く気にしている様子はなく、平然と家族の輪に入って、いつも通りの生活を送っています。
散歩に連れていけば、この様な事はしないのですが、何度か同じマットにトイレをしている内に、同居している猫が、そこをトイレと勘違いし、玄関マットを丸めてしまうようになりました。
トイレをされる度に玄関マットを買い換えていたら、我が家は生活が出来なくなってしまうので、とても困っています。

 

・多頭飼いなので、部屋を自由に過ごさせていますがトイレはなかなかできません。
1匹が別の場所にしてしまうと臭いがするからか他の子もしてしまいます。
家具を噛んで壊したり、カーペットを破ったり、壁紙を破ったりなど特に子犬の頃はひどかったです。
対策は犬が嫌がる臭いのするスプレーを買って使いましたが効果がある子とない子がいました。

 

・大型犬のハイブリットウルフを室内で飼っているときはトイレのしつけがうまくできず大変困りました。
室内に完全に放し飼いだった為にウンチはどこでもし放題でオスだったので尿は壁や加湿器などの電気機器にかけ放題でした。
部屋を区切ったり沢山の対策をしましたが、体が大きい分中々成功せずに毎日匂いやウンチの清掃などでてんてこ舞いでした。

 

・子犬の頃にまずは困ったのが排泄処理でした。
覚えるまでは小さい檻の中におしっこシートを敷いてそこの上でするよと教えていたのですがその中に入ったらおしっこをすると分かっているんだとは思うがなかなか出来ず檻から出てはじゅうたんの上で漏らす事が多くてフローリングで漏らされても拭いてしまえばいい事だったがじゅうたんの上でされると頻繁に洗う訳にはいかず臭いし汚れるしよくやってもファブリーズぐらいだけどやっぱり臭いが取れない。
覚えるまでは汚い臭いじゅうたんのままで過ごしていました。

 

対策

室内で犬を飼う場合で一番のトラブルはトイレトレーニングとなりました。
子犬の頃からちゃんとトイレのしつけをしておかないと成犬になってからでは中々難しくなります。
その様な事で困られる方が多かったです。
特にトイレでのトラブルで多いのは臭いです。
尿やうんちの臭いがカーペットや絨毯にこびりついてしまうと中々取れなくなってしまいます。
友人が遊びにせっかく来てもどれだけ可愛い犬を飼っていてもげんなりしてしまいます。
なのでできるだけ室内の臭いには気を付けましょう。
動物を飼っている時に出るにおいはファブリーズでは中々消すことはできないのでカンファペットで解決しましょう。
詳しくは『室内犬(部屋)の臭い対策!消臭はどうしたらいい? 』で解説しています。

カンファペットの公式サイトはこちらになります。
ペット消臭剤・除菌剤「カンファペット」

●2位 抜け毛

・我が家の犬は秋田犬と柴犬のミックス犬だったので、毛が密集していて、季節の変わり目に毛が大量に抜け代わり、毎日掃除しても常に毛だらけでした。
毛を吸いすぎて掃除機も壊れてしまい、大変でした。
他にも、畳で爪を研がれてしまい、畳がぼろぼろになったこともあり、障子にも常に穴が開いていました。
外を散歩してきたままの足でそのまま家に上がってしまい、床は土だらけになるし、とにかく家の中はぼろぼろでした。
小さな犬ならもっと頻繁にシャワーをするなど綺麗にしてあげられますが、我が家は大型犬だったので、室内飼いのケアが行き届かなかったのだと思います。

 

・もともと抜け毛が多い犬種コーギーですが、噂通り、同じサイズの羊毛フェルト人形がひとつ作れるくらいの量が抜けます。
ブラッシングしても、どれだけでも抜けてきます。
古い掃除機は毛詰まりが原因で壊れてしまいました。
夏前に刈りましたが、2ヶ月足らずでまた増えてきています。

 

・抜け毛はシーズン問わず多いです。サークルの中にも部屋にもいっぱい抜け毛があるので掃除機もコロコロも必須です。
自分たちの洋服にも抜け毛がいっぱいつくのでコロコロしてから洗濯機に入れるようにしています。
ブラッシングやシャンプーなど犬たちの手入れを頑張ると多少は軽減されると思います。
留守番時の無駄吠えや来客時の吠えに困っています。これはなかなか治りません。
興奮状態が続くので黙らせる事が難しいです。
多頭だと特に一つのチームになるのでうるさいです。他の音やおやつなど色々な方法を試していますが今もこれって言える方法がありません。

 

・ドッグフードのみしか食べさせていないがアレルギーになるので月1で病院に行き、注射と薬の服用をしています。
それで6千円程はかかります。
他にも予防接種や、フィラリアの注射にはしっかり連れて行かなければいけません。
また、うちのチワワはスムースコートなのでシャンプーは自宅で出来るくらいの毛の短さですが、毛が抜けるのが異常なくらいなので、本当に困っています。
季節の変わり目の抜け方は半端じゃないです。
毛のカーテンのようになっているので娘、息子は喘息気味になりました。
また、毛がいたるところについているのでコロコロが必要不可欠なんです。
車のシートにもついてしまうし、隙間には毛だらけになります。
ゲージは寝る場所と思っているので、我が家ではトイレと普段用のゲージを分けています。
それでも、階段や、畳で糞をしたりしています。
それ以外はほとんど吠えずにお利口さんですが、スムースコートの抜け毛にはビックリしています。

 

・我が家で飼っている犬は老犬で体力も落ちているということもあり、
室内で飼っています。
毛が大量に落ちて掃除が大変ですが、
それは面倒であっても仕方がないことと思っています。
我が家の柴犬は、認知症が入っていると診断もされている12歳をこえる老犬です。
そのため、夜中の無駄鳴きやカーテンに顔を突っ込んで、
そのままそこから動かない、というような飼い主を困らせる行動もしばしばです。

 

・犬の毛がものすごく抜け落ちるという事です。ロングコートという犬種なので、毛が長いのです。
毎日朝ブラッシングをしていますし、月に一回トリミングのサロンに通い、きれいにカットとシャンプーをしているのですが、毎日、ずっとも抜け続けています。
掃除機はペットの毛をよく吸い込むという触れ込みの掃除機に買い換えました。
毎日吸い取った毛がごみのたまるところに丸い毛玉となって、入っています。
そして、黒い色の洋服を着て犬に触ると、ものすごく大量に付着します。一緒に夜寝ている私の兄弟の布団にも、大量の抜け毛が付着していて、洗濯をしても取れません。

 

・ハイブリットウルフの抜け毛が多く毛の交換時期ともなると羊の毛刈りの時のように大量の抜け毛が部屋に散乱します。
カーペットに付いた毛が中々取れなくて全部の部屋のカーペットの毛を綺麗に掃除するだけでも一日の半分が終わっていました。
ブラッシングも追いつかず、犬種的に散髪も出来ず飼育前には造像もしていませんでした。

 

・毛も抜けるのが激しくて、また犬種が毛の長い犬だったので量も半端なく多く毎日庭でブラッシングをしています。
でもやっぱり抜ける毛はたくさんあり抜け毛の季節の秋には本当にスゴイ量の毛玉が取れます。

 

対策

室内飼いのトラブルの2位は抜け毛になりました。
犬は特性上、常に毛が抜けている状態になります。
特に生え変わりの時には束になって抜けてしまいます。
それを掃除するために掃除機で吸うわけですが、中々吸い取ることができないんですよね。
掃除機には通常用とペット用があるに注意しなければいけません。
通常の掃除機で掃除しても中で詰まるだけで毛を効率よく吸い込むことはできません。

アイリスオーヤマ ペット用サイクロンクリーナー オレンジ PCC-100CTK-D。こちらはペット用の掃除機になり、アマゾンでも簡単に買うことが出来るので犬用に掃除機を一台持っておくと便利になるかと思います。
紙パックは使われていなく、水でそのまま洗うことが出来るのが使いやすいです。
値段が1万円台とコストパフォーマンスが高いと思います。

ハンディ用の掃除機ならアイリスオーヤマ ペット用超軽量スティッククリーナー ホワイト PIC-SLDC1もおすすめです。
ハンディに不安が付き物の吸引力ですが、しっかりと犬の毛を取ってくれるだけの力は備えています。
また付属のハンディ毛取りノズルの性能がよく、布製品の抜け毛取りなどに重宝します。
2万前後と少ししますが、コードレスで使いやすくオススメです。

掃除機だと毎回取り出すのが面倒になると思うので、アイリスオーヤマ 簡単抜け毛取りクリーナー イエロー KNC-N77Aの様なクリーナーだと部屋の片隅にでも置いておけばテレビを見ながらコロコロして抜け毛を処理できるのでオススメです。
アマゾンでも人気のある商品でテレビでも紹介されたものになりとても使いやすいです。
テープ用のコロコロではないので毎回剥がす手間も省けます。
掃除機をかけた後に使うとより効果が出るのでいいでしょう。
一家に一台は持っておきたい商品になります。

●3位 無駄吠え

・留守中に無駄吠えが多く、落ち着きがなくて常に部屋中をウロウロしています。
飼い主である私が家にいる時には無駄吠えなどありませんが、いざ留守にすると無駄吠えが酷く、またその時にソファなどの家具を噛んでしまいクローゼットの中にまで侵入して衣装ケースをかき回したりといったことがあります。

 

・普段は寝ていますが、金属音や気に入らないことがあると吠えてきます。
夜中やパトカーのサイレンに遠吠えすることもあります。
今年の四月に第一子を出産し退院してきてからは私に向かって吠えるようになり、言うことも聞かなくなりました。
赤ちゃんに対してはまったくの無関心なので、子どもが大きくなったときにどんな関係性になるのか今から不安です。

 

・来客の人に、異常に吠えます。臆病で、家族以外はなつかないので、お散歩時はめったに吠えないのですが、来客に対して敵視しているようで、とにかく相手とまともに会話が出来なき位の吠え方です。
帰られるまで泣き続けます。
臭いは、毎日暮らしていると慣れてきて感じにくくなっているのですが、雨の日とかは臭います。

 

・うちに来た子犬の時から、寂しくなると存在を主張するように甘えた鳴き声を出す子でした。
子犬の時、母屋とは離れた場所で飼っていたので、鳴き声がすると誰かが行って遊んでやるというのが決まりみたいになっていました。
現在、2歳を過ぎたのですが、まだよく吠えています。
餌が欲しいとか、遊んで欲しいという意思で吠える時は良いのですが、家の外を車が通るたびに玄関に向かって吠えるのです。
家の周りが畑や田んぼなので近所トラブルにはなりませんが、毎日吠えるのを聞いていて正直、疲れてしまいます。
注意しても聞く様子もありません。
そのわりに、家で一人で留守番している時などは、外を車が通っても騒がないようです。
臆病だから、家の人がいないと怖いのかもしれません。
番犬にはなりますが、わたしが夜に帰宅しても車の音に反応して吠えています。
寝ていた父や母も起きてしまうので、困っています。家の中の鳴き声は、駐車場にも聞こえるほどです。
せめて、注意をしたら鳴き止んでほしいと思っています。

 

対策

3位に入ったのは犬の無駄吠えでした。
アパートやマンションでの無駄吠えはご近所さんへの迷惑になりますし、ご近所トラブルに発展しかねません。
また来客があるたびに無駄吠えをするというのも来訪者に不快感を与えてしまいますよね。
それで無駄吠え防止の機械があります。
愛犬の無駄吠えで近所迷惑、睡眠不足になっているなら無駄吠え防止首輪のしつけくんになります。
とても即効性が高く、数回使っただけで効果が表れる犬が多いです。
使い方としては、この機械を犬に取り付けて犬が無駄吠えをし始めたらリモコンでスイッチを押すだけ。
スイッチを押すとバイブレーションが起こり、電気ショックを与えることにより無駄吠えを防止します。
何回か繰り返すと犬はリモコンを見ただけで泣き止むようになります。
最初はかわいそうに思いますが、犬の命に別状があるわけではなく、しつけのトレーニングなどで長期間するよりは短期間のこの方法は便利です。
ちなみに8歳以上の老犬や病気を持っている犬には使わない方がいいようです。
詳しくはサイトから確認してみてください。


●4位 誤飲、誤食

・一番のトラブルは、就寝している時など飼い犬から目が離れている時に何かが起きてしまうという事です。
今まででの一番のトラブルは、まだ、ケージを設置せずに、ソファー等で犬の行動範囲(リビング内で)を制限していた時のことです。
夜中、喉が渇きリビングまで水を飲みに行こうと、リビングの扉を開けました。
その時、何か変なにおいがしたので、慌てて電気をつけると、ソファーで囲っていた場所から飛び出した犬が、
いかの乾物の袋に頭を突っ込んで、食べつくそうとしていたのです。
慌てて袋をはがして、翌日、動物病院に連れて行きました。
幸い、大きな問題にはなりませんでしたが、もし、何か別のものに頭を突っ込んでいたら、と思うと恐ろしくなりました。
それまではケージに入れるのが可哀そうな気がしていたのですが、トラブルを未然に防止するためにも必要なものなのだと気づきました。

 

・一番困ったのが誤飲でした、使用済みの靴下やシップを飲み込んでしまった時には病院へ急いで運んで吐き気を促す治療をしてもらい吐き出させる行為を幾度となく経験しました。
危険なものを避けておくことも体が大きい犬となるといろんなところに届いてしまうので至難の業で、覚えると扉もあけてしまうので対策に頭を悩ませていました。

 

・愛犬の困ったところは食欲旺盛なところでした。
食事の時間帯はテーブルに前足をかけよだれをダラダラ垂らします。
注意しても場所を変え同じことを繰り返し最終的には飛び跳ねてきます。
足元はそこらじゅうがよだれまみれになりました。
結局、食事の時は可哀想ですが部屋の外に出していました。
それでもドア越しでクンクン泣いていました。
二世帯なので勝手に階段を降りて祖父母の部屋に行ってしまうこともしばしばありました。
また、テーブルの上やキッチンに置いてある食材を荒らすこともあります。
ゴミ箱をひっくり返し中にあった焼き鳥の串を食べてしまい病院に連れて行ったこともあり食欲には困りました。胃や腸に損傷はなかったのが救いです。
また、買い物に行っている間に取れないであろうとテーブルの真ん中に置いておいた犬用のビーフジャーキー1袋を平らげていたこともあります。
その時はソファーから椅子に飛び移りテーブルに到達したと思われます。
けがをしていなくて安心しましたがお腹はパンパンになっていました。
それからは引き出しの中や絶対に届かない場所や別の部屋にしまうように気を付けています。

 

対策

対策としては、犬の手の届かないところに置くという事が第一になります。
後は、引き出しの中など犬が開けられないところに置く。
詳しくは『犬の誤飲まとめ。原因や症状や対処法について元動物看護士が教えます』を確認ください。

 

●5位 何でも噛んでしまう

・トイプードル3歳はなんでも噛んで穴をあけてしまいます。
遊び好きでおもちゃのロープやボールでも遊ぶのですが人に追いかけて貰うのが一番好きです。
丈夫で壊れにはずのロープは早々に紐になっていますし、ボールは何個も穴を開け続け今はトイプードルの口には大き目なテニスのボールで遊んでいます。
中でも靴下が大好きで洗濯用の籠に入れてある靴下は逆立ちするように籠の中に頭から突っ込み靴下を咥えて見せびらかします。
買ったばかりの靴下だと取り返そうと人が追うのでテーブルの回り、ソファー、ベットを飛び越え追いかけっこが始まります。
それが嬉しくて何回も靴下を探し咥えては見せびらかしに来ます。
人が気が付かないとつまらなくて靴下を噛んで穴をあけます。
洗濯した靴下も持ってきて噛じります。
穴が開いているにを気づかずに履いて玄関で靴を履いてペタペタして初めて気がついたり、全く気付かずにバイト先にかかとのない靴下を履いて行ってしまったり家族は大迷惑しています。
主人は片方がやられても同じ柄なら組み合わせられると同じ靴下しか買ってこなくなりました。
洗濯が済んだ靴下は犬が届かない高い所に置いたり、洗濯する靴下は必ず洗濯機の中に入れる事と対策はしているのですが、どこからか靴下を探しだし咥えています。
我が家は片方だけの靴下が山の様にあります。

 

・家のソファーやクッション衣服類などもすぐに噛んでは穴をあけてしまうことが多いです。
ウチの犬は特に靴下が大好きで洗濯を取り込んだり洗う前の洗濯かごに入ってある物までいつの間にか取り出して噛んでは穴だらけにされて捨てる事も多かったです。
噛んでもいいぬいぐるみやオモチャを与えたりもしましたが靴下の匂いが好きだったのかな。

 

対策

室内で犬を飼う場合に何でも噛んでしまうという事があります。
特に家具を噛んだりすると痛んだりしてとても残念になりますよね。
一番はしつけをすることになります。
飼い主との主従関係をしっかりさせて噛んでいいものと悪いものを教えさせることが大切になります。
とはいうもののしつけをするには時間がかかります。
ということで手っ取り早く噛むことを止めさせるにはプラッツ (PLATZ) ビターアップル スプレー 236ml(8oz)がおすすめです。
商品の名前にあるようにとても苦い成分を家具や靴下など噛んで欲しくないところにスプレーすることにより犬が噛まなくなるという事です。
即効性はありますが、癖が直るわけではないので注意が必要です。
またスプレーしたところが乾いてしまうと効果が無くなってしまうので定期的なスプレーが必要になってしまいます。
犬との相性もありますが、1000円くらいで試せるので噛み癖に困っている方は試してみることをおすすめします。

●6位 その他

臭いが気になる

・私の飼っている犬は、ヨークシャーテリアですが、4キロくらいある大きな犬です。
困ったことはシャンプーしてもすぐ臭くなってしまうことです。
私の犬は自分のいる場所が定まらず、夏場は涼しい洗面所、クーラーをつけたらソファに寝ています。
今年の夏はとても毎日暑くて、クーラー付けっぱなしでした。
ソファにはクッションとワンちゃん専用のフリースがひいてあるのですが、ものすごく臭くなってしまいます。
その部屋に入るとクッションなどがプーンと匂います。
何日かしてくると、「くさっ‼︎」と顔をしかめてしまうくらい匂いがきついです。
お客様が来た時などとても困ります。
クッションカバーからフリースから洗濯しなくてはなりません。
そして匂いの元であるワンちゃんです。
シャンプーするのも嫌がるのでとても大変です。
特に暑い時は私も家事だけでぐったりしていて、なかなか犬のシャンプーをしようとは思えませんでした。
重い腰を上げて、シャンプーしても2日もしたらすぐ臭くなってしまいます。
かわいくて大好きなのですが、少しなら香ばしい匂いと思えるのですが、臭いです。

 

ゲージで寝ない

・また、就寝時にゲージに入れて寝るよう促しますが絶対にゲージに入ろうとせず私の部屋の前に来てウロウロし始め、酷い時には壁を引っ掻いたり、エサ用の容器をひっくり返したりと夜中近くまでイタズラを繰り返します。
やっと落ち着いたかと思うと、トイレを玄関でしたりといった行動がでるようになりこちらが眠ろうにも何をするかわからないの寝ることが出来ません。
夜中まで落ち着きがないので朝も遅いかと思うのですが、かなり早い時間に起きてまた落ち着きなく寂しそうに鳴くのでゲージから出して相手をしています。
現在4歳の息子がいることと、夫の仕事が早朝からなので夜中に落ち着きがないと2人が眠れ、夫の仕事や息子の幼稚園に支障がでそうなため、ドックトレーナーにしつけをお願いしようか検討中です。

 

騒音

・朝昼夜と時間を問わずに、オモチャや少し硬いものを、くわえては落とすを繰り返して、音が鳴るのを楽しんでいるんです。
初めは、落として音がコツンと鳴るのを聞いて、ぴょんぴょんと飛び跳ねているのが可愛くて一緒になって楽しんでいたんです。
ところがだんだん小さい音に物足りなくなってきたのか、少しずつ硬さの硬いものを、そしてより大きさもより大きいものを選ぶようになってきて、お昼だと外の音と混ざってそんなに気にはならなかったのですが、朝と夜の外の音が少ない時間帯は、だんだん響くようになってきたんです。
周りの人に迷惑になっては、困ると思い落として音がなるものを手の届かないところになおしていたら、次はドックフードのお皿や水を飲むお皿を空にして、音を鳴らすようになってしまったんです。
さすがにお皿までは隠すことができないので、小さい子供の為に敷くマットを敷いて、音がなっても響かないようにしたら、飽きたのかくわえて落とすという遊びをしなくなり、代わりにマットをカリカリと引っ掻いています。

 

ノミの大量発生

犬の室内飼いで最も辛かったことは、犬の体に発生したノミが大量で、家の中を飛び回り、人間も刺されたことです。
主に足首の辺りを寝ている間に刺されて、まるで水疱瘡のように赤いプツプツだらけになり、痒みで眠れなくなるほどでした。
市販の駆除剤を犬につけたり、ノミの殺虫剤を部屋に巻きましたが、犬自身のノミが駆除されることはなく、結局ノミ駆除に効くフロントラインのスプレーで何とか解決しました。

部屋の片づけ

・室内飼いで一番大変だと感じるのは、部屋をきちんと片付けておくことです。
トイプードルの子犬は特に好奇心旺盛。
なんでも食べます。
毎日掃除機をかけておかないと犬がアレルギーを発症します。
掃除機を毎日かけられる環境である我が家でもハウスダストアレルギーで愛犬は獣医さんにかかりました。
ほこりがつく、ほこりを食べる、もしもピアスが外れていたりしたら?という危険回避のために部屋の中の確認も絶対に必要。
いたずらも大好きな愛犬は、お留守番などが気に入らないと故意的にペットシートをビリビリバラバラして私の帰宅を待っていたりします。
普段はしませんので故意的です。
それだけ賢い動物です。

 

■さいごに

犬はとても可愛いです。
毎日見ていても飽きませんよね?
しかし、いざ室内で飼うとなると様々なトラブルが付き物になります。
生き物を飼うわけですから責任をもって飼わなければいけません。
これらのトラブルを克服することが出来る人のみに室内で犬を飼うことをオススメします。

 

参考記事になります。合わせて御覧ください。
犬の室内飼いでの臭い。劇的な解決方法をご紹介。あなたの部屋が臭いと言われないために!
犬の誤飲まとめ。原因や症状や対処法について元動物看護士が教えます
部屋が犬のにおいで臭い!解決策12選を徹底解説





当サイト経由で犬用サプリメントが無料でもらえるキャンペーンを期限限定で開催中

「おなかの調子がおかしい…」

「最近、毛艶が悪い…」

「便臭・体臭・口臭が気になる…」

「運動をしようとしなくなった…」

「食欲がない…」

上記の様な原因は腸内環境が原因の場合があります。
腸内環境を整えるにはサプリメントが有効です。
今なら期間限定で無料でもらえるサプリメントがあります。
是非、チェックしてみてください。

無料キャンペーン中のサプリメントについて詳しく見てみる

バナー原稿imp

 - 室内犬のトラブル , , , ,