犬の病気対策マニュアル

*

【保存版】犬がうんちを食べる!その原因や解消法や対策を解説

      2016/05/04

犬のうんち

■犬がうんちを食べる、便秘になるなどの悩み

犬のうんちの臭いが酷い!
犬がうんちを食べてしまう!
食糞をしてしまう!
便秘をしてします!
犬の口臭がする!
毛並みにハリや艶がない!
そんな経験はありませんか?
実はそれには理由があります。
今回はその様な悩みを解決するための対策を紹介します。
そのことについて徹底解説します。

 

■犬がうんちを食べるや便秘は腸内環境が大きな原因

犬

うんちの臭いが酷いとか犬がうんちを食べるとか便秘になるとか毛並みにハリが無いというのは腸内環境にが原因になります。
人間でもそうですよね?
食べたものをうまく消化できなかったりする場合に便秘になったりします。
またドッグフードなどがうまく消化しきれないためにうんちの臭いが酷くなったりします。
またうんちを食べる食糞の原因の一つに消化不良があります。
うまく消化しきれていないのでまた犬がうんちを食べようとするのですね。
そして、毛並みのハリや艶が悪いのも腸内での栄養吸収が悪いために栄養がうまく摂取できずに毛並みに直接影響してきます。
実は、うんちや毛並みというのは犬の腸内環境が大きな原因になっています。

 

■腸内環境っていうけど何?

ビフィズス菌とか乳酸菌って聞いたことありますよね?
実は、腸内にはたくさんの腸内細菌というものが存在するのです。
ビフィズス菌や乳酸菌も腸内細菌の一種になります。
しかし、腸内細菌には犬にとって有用なものと有害なものがあります。
それを有用菌(善玉菌)と有害菌(悪玉菌)といいます。
ちなみにビフィズス菌とか乳酸菌というのは有用菌、善玉菌のことをいうのですね。
だから「ヤクルトを飲んでビフィズス菌を取ろう」とか「ヨーグルトに入っている乳酸菌が便秘に良い」などと言われますが、つまり体に良い菌だから摂取しようという話になります。
ちなみに善玉菌をたくさん取ると「消化が良くなる」「免疫力が向上する」「老化防止になる」以上の様な効果があります。
犬も同じ善玉菌をたくさん取ると消化や免疫力や老化予防に効果があります。
それでは有害菌、悪玉菌はどの様な悪さをするかといいますと、「消化が悪くなる」「免疫力が低下する」「老化が増進する」などがあります。
悪玉菌が増えるとその様な悪い作用が起こり最悪病気の引き金になってしまうということがあります。
また腸内で有害なガスを発生させたり、毒素を出すなども言われています。
では悪玉菌はとはどの様な菌かといいますと、ブドウ球菌、大腸菌(有害菌)などが代表例になります。
この善玉菌と悪玉菌の腸内バランスを腸内環境というのです。
簡単にいえば「腸内環境を整えるというのは善玉菌の比率を多くする」と思って間違いないと思います。
腸内環境を整えることにより、犬の病気が良好に向かったり、長生きしたりというに影響があるのですね。

 

●長生きすることにより腸内環境は悪くなる

とはいうものの腸内環境を気にして生活している人は少ないですよね?
腸内環境を気にしなくても普通に生きていくことは可能という事もあります。
ただ気を付けてください。
実は、加齢によって善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れてくるのです。
悪玉菌が増えていくのですね。
例えば、人間で言いますと赤ちゃんの時がとても腸内環境がいいと言われています。
善玉菌がたくさん腸内に多いのですね。
というのもお母さんの母乳にはビフィズス菌を生成する菌が含まれているのです。
ですから赤ちゃんは母乳を飲むだけで自然に善玉菌を摂取しているようなものなのです。
赤ちゃんのうんちは黄色くなったりしていますが、あれは悪玉菌に比べて善玉菌が優位に働いている時に起こるうんちになります。
ですから普通に生活していると赤ちゃんの時が一番腸内環境が整っていてその後、年齢を重ねることにより善玉菌が自然と減り、悪玉菌が増えていくと言われています。
赤ちゃんの時には腸の内部でビフィズス菌の割合が90%以上と言われています。
それに対して成人になると20%前後まで下がります。
さらに齢を重ねると数パーセントにまで低下するのですね。
これは犬も同じことがいえます。
犬も齢を重ねるごとに腸内環境は悪くなっていくということが言えるでしょう。
だからこそ食べるものでできるだけ腸内環境を整えてあげることが必要になります。

 

●悪玉菌が大腸がんに原因になる!?

菌

前述しましたが、善玉菌は免疫力を高め、悪玉菌は免疫力を低下することをご説明しました。
そして、悪玉菌が増えると有害なガスが腸内で発生するという事も解説しました。
実は悪玉菌により免疫力が低下し有害なガスが発生することにより大腸に腫瘍ができやすくなるという事が研究でいわれています。
元々、この悪玉菌は免疫細胞を傷つける働きがあります。
その免疫細胞を傷つけることが腫瘍に繋がっていくのです。
ちなみに犬の死亡率1位がガンになっています。
腸内環境が悪くなるとガンにかかりやすいというのもいえます。
その様な悪さをするのが有害菌、悪玉菌と言われているものになります。

 

■犬がうんちを食べたり、便秘にならないために腸内環境を整える

犬

とはいうもののどの様にして腸内環境を整えたらいいのかという問題もありますよね?
毎日、ヨーグルトを食べて乳酸菌を取るというのも一つの手かもしれませんが、犬に対してしてあげるというもの難しいと思いますし、ヨーグルトを食べて得られる善玉菌も限界があります。
そこで腸内環境を整えるのに有効な成分として「酵素」と「プロバイオティクス」が有用といわれています。
それをご紹介します。

 

●酵素って何?

酵素という言葉はご存知でしょうか?
人間にも有用な成分なのでお聞きしたこともあろうかと思います。
消化酵素ともいわれたりもしますが、アミラーゼという唾液に入っている酵素でデンプンを分解します。
プロテアーゼという酵素はタンパク質を分解します。
実は、酵素には3000種以上もの種類があり、一つの酵素で一つの成分を消化する働きというのがあるのです。
ですから酵素の種類が少ないとそれだけ消化できる成分が少なくなる。
つまり、消化が出来ない成分が出てくるというのがあるのです。
酵素をたくさん取るというのは、それだけ消化する働きを活性化する意味があるのです。

 

酵素は熱に弱い!

とは言ったものの酵素というのは熱に弱いという弱点があります。
酵素はタンパク質からできているのですが、タンパク質は熱に非常に弱いのですね。
卵を思い出してください。
生卵を少し熱したがけで白い幕ができますよね?
卵はタンパク質でできていて熱に弱いので直ぐに白くなってしまうという特徴があります。
ですから酵素に熱を加えると、既に酵素の働きが無くなってしまうことになるのです。

 

酵素が入った食べ物って?

酵素が入った食べ物の代表が生の肉や魚、生野菜、また発酵食品の納豆やみそなどに多く入っています。
それらを食べることにより酵素を摂取することができるのですね。
想像してみてください。
さんまを食べる時に大根おろしを添えますよね?
あれ何でだか分かりますか?
さんまを美味しく食べるために添えているというものありますが、生の大根おろしに含まれる酵素を取ることによりさんまの消化の働きをよくするという意味があるのです。
さんまは焼くので酵素が無くなります。
そうなると酵素が無いので消化が助ける成分が無くなるのですね。
そのためにあるのが大根おろしです。
よくできてますよね。

 

犬は酵素が不足する理由

話が逸れましたので戻します。
まとめると酵素とは

 

・消化を助ける働きがある
・酵素は一つの成分消化できないので多くの酵素を摂る必要がある
・酵素は熱に弱いので生の物を食べるしかない

 

これが酵素について大切なことになります。
これは犬にも当てはまります。
しかし、犬は慢性的に酵素が不足しているといわれています。
それは何故かというと、犬が主食とするドッグフードは必ず熱を通さないといけないので酵素が分解されてしまうという事があります。
犬に餌をあげる時、毎回手作りの生にお肉や野菜をあげたりはしてませんよね?
あげられても週に何回とかですよね?
少ない場合には一週間毎日、市販のドッグフードなんてこともありますよね?
そうなると間違いなく酵素が欠如している状態になります。
それが続くと愛犬の悪玉菌がみるみる増えて免疫力が低下し、病気にかかったり、老化が進行したりという事に繋がります。犬がうんちを食べることや便秘の原因にもなります。
人間だと生の食品を取ることが多いと思いますが、犬や猫もそうですが生の食品を摂取するという機会がとても少ないのです。
ちなみに余談ですが、野生の動物は生で餌を食べます。
生で食べるので酵素というのを不足することは無いのですね。
人間に飼われているペットにのみ起こる現象だと理解できます。
だからこそ飼い主が犬の酵素についてもっと考える必要があるのではにでしょうか?

 

●プロバイオティクスって何?

酵素の次はプロバイオティクスについてご説明します。
プロバイオティクスは、「人間にとって良い働きをする菌」のことを言います。
前述で言えば善玉菌のことですね。
プロバイオティクスとは、元々はギリシャ語の「健康のために」という言葉に由来しているそうです。
プロバイオティクスは善玉菌で前述で言えば、ビフィズス菌や乳酸菌のことをいいます。
プロバイオティクスは、ヨーグルトや納豆などの発酵食品に多く含まれています。

 

生きたまま腸まで届くことが大切

「じゃぁ、ヨーグルトや納豆をがぶがぶ食べればいいの?」という話になりますが、ちょっと待ってください。
多く食べるに越したことはありませんが、プロバイオティクスが腸まで届かないことには腸内環境を整えることはできないのです。
というのもプロバイオティクスに様々な種類がありますが、その中には胃で消化されるものがあったり、胆汁で分解されるものがあったりします。
ですから必ず腸まで届くという保証はないのです。

 

善玉菌の栄養となるのが食物繊維とオリゴ糖

善玉菌は、体にとって有用な菌という事を解説しましたが、善玉菌も食事をするのですね。
菌が食事っていうのも不思議かもしれませんがイメージしやすいようにですね。
人間や犬の体内に入って何も食事をしないと中々腸まで行き届かないという事があります。
そこで善玉菌の食事、栄養となるものが食物繊維とオリゴ糖になります。
食物繊維もオリゴ糖も便秘に効くという話は一度は聞いたことはあると思います。
腸内を清掃するという意味もありますが、それと同時に善玉菌の栄養になるという大きな役割もあるのですね。
善玉菌を摂取する場合には食物繊維とオリゴ糖を合わせて摂ることが大切なのです。

 

プロバイオティクスも熱に弱い

ヨーグルトや納豆を食べて善玉菌を摂取して、食物繊維やオリゴ糖も合わせて食べることが腸内環境を整えることにとってとても大切なことなのですが、酵素と同じでプロバイオティクスも熱に弱いという弱点があります。
酵素同様に、犬が食べるドッグフードは必ず熱を通しています。
そのドッグフードを作る過程でプロバイオティクスも同時に失われているのですね。
人間は生で食べることが多いですが、悲しいかな犬は生の食事をする機会が少ないのでプロバイオティクスの同様に不足気味になってしまうのです。

 

■犬がうんちを食べるや便秘に効果があるプロキュアの特徴

犬

 

腸内環境を整えるには、酵素とプロバイオティクスがとても重要というお話をしてきました。
もう一度まとめますと

 

・酵素には消化を助ける働きがある
・酵素は一つの成分消化できないので多くの酵素を摂る必要がある
・プロバイオティクスは善玉菌のこという
・善玉菌を多く摂取することにより腸内の善玉菌の割合を増やすことができる
・腸内の善玉菌が増えると免疫力向上、消化が良くなる、老化予防になる
・酵素、プロバイオティクス共に熱に弱いので生の物を食べるしかない
・犬の主食のドッグフードは過熱をするので酵素、プロバイオティクス共に分解されてしまう

 

ということになりました。
こういう声に応えて作られたのが「プロキュア」という犬用のサプリメントになります。
犬が効率よく酵素やプロバイオティクスを摂ることができることを目的として作られたものです。
プロキュアの特徴をご紹介します。

 

●ペットフードに一日一回振りかけるだけで良い

プロキュアは、粒子状になってましてそれをいつも食べているドッグフードや缶詰や手作りのペットフードに振りかけるだけというお手軽で摂取することができます。
犬が食べやすい形状にできているので食いつきが悪くなるという事はありません。
そういうことも考慮して作られているのですね。

 

●植物50種類以上の原材料を3年以上かけて作られた「酵素」を配合

このプロキュアは、50種類以上の植物を原材料にして3年以上作られた酵素になります。
それを植物酵素、植物性酵素、植物発酵素といいます。
酵素には3000種類以上の物があることを前述しました。
この酵素には大きく分けると動物性酵素と植物性酵素があります。
植物酵素は、今とても注目をされていまして美容やダイエットに効果があるということで様々な商品が開発されています。
植物性酵素は体内で作ることができない酵素になります。
そして、動物性酵素を活性化する働きが植物性酵素にあるといわれています。
体内で作ることができないので食べ物によって摂取するしかないのですね。
詳しくはこちらのサイトに書いてありますのでご覧ください。
生命の元は植物酵素にあった
酵素にも二つのタイプがあり、より良質な酵素が植物性酵素になります。
この酵素を効率よく取れるのがプロキュアという製品のおすすめできる点になります。

 

●乳酸菌や納豆菌、酵母など6種類のプロバイオティクスが配合

前述しましたが、プロバイオティクスのいわゆる善玉菌というものは腸までたどり着かないことには腸内環境を整えることはできません。
そして、善玉菌の中には胃や胆汁などで分解されてしまうものもあります。
なので胃や胆汁で分解されない善玉菌を摂取しなければいけません。
プロキュアは、胃や胆汁などで分解されづらい厳選された善玉菌6種が配合されています。
これを摂取することにより食物繊維やオリゴ糖を合わせて食べなくても効率よく腸内環境を整えることができるのです。
そこら辺も研究されて作られています。

 

●動物病院でも使われているプロキュア

プロキュアは実際に動物病院でも使用されています。
抗生物質を与える際にプロキュアも一緒に食べさせると薬の効果の向上や下痢の緩和が見られるそうです。
抗生物質を与える時に何故プロキュアを食べさせて下痢を緩和することができるのかという事をご説明します。

 

抗生物質にある副作用

抗生物質は病気を治す上でとても有効な薬になります。
多くの病原菌に効果があるのはご承知だと思います。
しかし、抗生物質は人間にとって有用な菌も同時に殺してしまうという弊害もあるのですね。
先ほどから何度も解説しているプロバイオティクス、善玉菌も抗生物質で死滅してしまうのです。
抗生物質は薬にもなるけど毒にもなるということですね。
下痢を起こすのもその副作用によるところが大きいのです。

 

善玉菌を増やしてあげる必要がある

抗生物質で減ってしまった善玉菌を増やすためには善玉菌を摂取しなければいけません。
それで効果があるのがプロキュアということになります。
つまり、簡単に合説明すると

 

病気を治すために抗生物質を飲む
→体に害を及ぼす菌を死滅させるが体に有用な菌も殺してしまう
→腸内環境のバランスが悪くなり消化不良や免疫低下を起こす
→プロキュアを飲むことにより善玉菌を増やし腸内環境を整える
→消化が良くなり免疫機能も回復し病気に強い身体になる

 

実はこういう効果があるために病院で処方されているのですね。
ただ抗生物質を飲んで病気を治せばそれでいいという分けではないのです。
善玉菌を並行して摂取するという事がとても大切になってきます。

 

●保存料は入っているの?

プロキュアには保存料が一切入っていません。

プロキュアには、植物発酵素、脱脂米ぬか、小麦ふすま、糖蜜、
そして乳酸菌などの有効微生物が生きたまま配合されています。

と書かれている通り以上の物しか入っていないので安心して食べることができます。

 

●どのぐらいの量をあげるの?一日いくらかかるの?

1日10キロの犬で1グラムが目安になっています。
これは猫でも同様です。
5キロの犬なら0.5グラム。
30キロの犬なら3グラムという具合になります。
1日の金額ですが、30グラムで3880円になるので10キロの130円くらい。
5キロの犬ならば65円くらいが目安になります。
後はより効果を求めたければ少しずつ量を増やしてみて調整してもらえればいいと思います。
逆に1日辺りの値段を抑えたければ少しずつ量を減らしてみてうんちの臭いや毛並みの艶など見て判断したらいいでしょう。
ちなみに初回限定として15グラム送料込みの500円になっています。
とてもお求めやすい価格になっているので一度試してみるのもいいとでしょう。

 

●プロキュアを試しても効かないんだけど・・・

口コミを見ているとプロキュアを飲んでみても何も改善されないという声があります。
でもちょっと待ってください。
うんちが臭いとかうんちを食べるとか毛並みが悪いというのは、必ずしも腸内環境が原因という分けではありません。
腸内環境が原因でうんちが臭いとかうんちを食べるとか毛並みが悪いとかが起こった場合には改善されることが期待できます。
しかし、それらの要因は様々にあります。
ひょっとした何かの病気にかかっている可能性も否定できません。
プロキュアの試してみて効果が無いというのは、逆にいえば腸内環境が原因ではないという事の発見でもあるのです。
そういう場合は動物病院に行って一度診察してもらうことをおすすめします。
ひょっとしたら何か他の原因が見つかるかもしれません。
そういう意味でも一度プロキュアを試してみてもいいのではないでしょうか。

■実際にプロキュアを購入しました

実際にプロキュアを購入してみました。

プロキュア11

この様な封筒に入れられて送られてきます。
ぱっと見た感じでプロキュアと分かる感じになっていますね。

プロキュア12

裏面になります。

プロキュア13

プロキュア14

中を開封してみると、プロキュアとパンフレット数枚がありました。
プロキュアの効果などがざっと書いてある程度になりますが、内容なら当記事の方が詳しいと思います。
でも参考にはなると思います。

プロキュア15

こちらがプロキュアになります。
思ったより小さかったですね。

プロキュア16

プロキュアは粉状のさらさらしたもので、小麦ふすまの香りがします。
少し甘い香りもしますね。
これをドッグフードなどに振りかけて食べさせてあげます。

プロキュア17

実際に愛犬に食べさせてみました。
詳しくはこちらの記事で紹介してますのでご覧ください。
プロキュアの口コミ!ペットの犬用サプリメントの体験談です

■さいごに

いかがでしたでしょうか?
うんちの臭いの改善や食糞、うんちを食べるの改善、毛並みのつやが出てくるには酵素とプロバイオティクスが重要になることをお話してきました。
そして、酵素やプロバイオティクスは犬のドッグフードから摂取することは決してできません。
その二つを効率よく摂取するにはプロキュアがおすすめなのです。
うんちの臭いやうんちを食べるに悩んだ悩みもたった500円で改善を期待できるでしょう。
この機会に是非お試しください。

公式サイトはこちらになります。

>>>プロキュア<<<

プロキュア

関連記事になります。合わせて御覧ください。

犬の便秘解消法や対策を調査!プロキュアで便通が良くなりました

犬がうんちを食べる食糞を止めさせる方法を徹底解説

犬のうんちが固い!でない!原因と考えられる病気とは





当サイト経由で犬用サプリメントが無料でもらえるキャンペーンを期限限定で開催中

「おなかの調子がおかしい…」

「最近、毛艶が悪い…」

「便臭・体臭・口臭が気になる…」

「運動をしようとしなくなった…」

「食欲がない…」

上記の様な原因は腸内環境が原因の場合があります。
腸内環境を整えるにはサプリメントが有効です。
今なら期間限定で無料でもらえるサプリメントがあります。
是非、チェックしてみてください。

無料キャンペーン中のサプリメントについて詳しく見てみる

バナー原稿imp

 - 犬の食糞対策 , ,