ペット保険について

犬のペット保険は必要?動物看護士がメリットやデメリット解説

更新日:

5990155428_ba2fc42ce4_z

 

◆動物の医療費は、飼い主の全額負担

動物には、国の医療保険はありません。人間の場合は、病院での治療費や薬代は、基本的に3割負担の支払いで済みます。

これは、税金として日々私たちが国にお金を収めているからなのです。

動物を飼ったからといって、国に税金を支払う必要はありませんよね。

したがって、動物の医療費は飼い主の全額負担となるのです。

こちらもご参照ください。

ペットの治療費は、【びっくり】するくらいかかります。ペット保険、一括資料請求

◆動物病院によって費用が違います

また、動物の医療費には明確な基準というものがありません。

それぞれの動物病院が医療費を決めることになります。

いくらにしても構わないので、当然病院によっても費用に差が出てきます。

設備が整っている病院ほど、高額になるでしょう。

 

◆ペット保険って?

このような背景から、最近ではペット保険というものがあります。

民間の保険ですが、システムは人間の保険と同じです。毎月保険料を支払って、いざ病気や入院、手術が必要となった時に保障してもらうのです。
月々の保険料によって、治療費の何%保障なのかが変わります。

保険会社によっては、手術の回数や上限金額が決められているものもあります。

わかりにくいペット保険、、、。くらべて安心【一括見積り】無料キャンペーン中!

こちらの記事もご覧ください。詳しくまとめてあります。『ペット保険加入で迷っている人必読!5分で誰でも簡単に分かるペット保険の解説まとめ

●ペット保険のメリット

 

ここではペット保険のメリットについてご紹介します。

 

①窓口での支払いが安く済む

病気での通院や薬にも保険適用されますので、窓口での支払いが安く済みます。

ただし、保険に対応している病院に限ります。保険に対応していない場合は、病院では全額支払った後、保険会社に請求することになります。

 

②急な入院、手術にも対応

入院や手術は費用が大きくなります。思いがけない金額になった時も安心です。

動物病院に入院した場合の費用はこちらにまとめてますのでご参考ください。
「動物病院に愛犬が緊急入院!入院費用はいくらかかるの?元動物看護士が症状別にご紹介します 」

 

③費用が気にならないので、治療に専念できる

費用が保障されるので、治療に専念することができます。

 

●ペット保険のデメリット

 

ペット保険に加入した場合のデメリットをご紹介。

 

①毎月の支払いが負担になる

毎月の保険料というのは、結構な負担になります。保障が大きければ大きいほど、もちろん月々の保険料も高くなります。

 

②保険適用外のものが多い

予防に関するものは保険適用外です。ワクチンやフィラリア、ノミダニの薬は適用されません。

また、健康診断も適用外です。保険会社によっては、薬用シャンプーや処方食も保険適用外になります。

他にも年齢制限があったりとその保険によって適用されないものも多いので事前に適用範囲を調べておきましょう。

 

③持病も保険適用外

保険加入前に患った病気は、保険適用外になることがあります。加入前にしっかりと確認しましょう。

 

◆ペット保険の注意点

費用を安く抑えようと思って月額の掛け金の安い物を選んでいませんか?

保険料の安いものになるとそれに相応して適用範囲が狭くなっています。

「ペット保険に加入しているから」と思って動物病院に行くと使えなかったということもよくある話です。

ペット保険を選ぶときにはできるだけ中身を見て判断しましょう。それがペット保険で失敗しないコツです。

ペット保険、くらべて安心♪完全無料で最大4社のパンフレットを一括請求!

 

◆転ばぬ先の杖の保険

保険というのは、突然の治療費が抑えられるということだけが目的ではありません。

ペット保険に加入していることによって「愛犬の調子が少しおかしいな」という時にでも気楽に通院できるメリットがあります。

初期状態で動物病院に通院することによって早期発見、早期治療をすることができ愛犬の優しいのがペット保険なのです。

有事じゃない時にでも気楽に通院できる、転ばぬ先の杖的な保険の意味もあるのです。

こりらもご参照ください。『大切な家族だから【ペット保険】

 

◆さいごに

動物の医療費は高額になることが多いです。

3割負担の医療費に慣れているため、余計に高額に感じてしまうのでしょう。また、病院によって費用が違うのも問題ですよね。
ペット保険をうまく利用して、少しでも負担を減らしましょう。保険会社によって保障内容は違います。

加入した時の犬の年齢や、犬種によっても保険料は違ってきます。しっかりと情報を集めて、家族で相談しましょう。

 

こちらが参考記事になります。合わせて御覧ください。

動物病院で犬の診察料金っていくらかかるの?元動物看護士が答えます。知らないで動物病院に行って恥をかかないために
動物病院で犬の予防接種や健康診断をする時の料金、費用は?元動物看護士が答えます。初めての方必見!
動物病院で犬の病気の症状別の料金。元動物看護士が答えます。これを知らないと損をしますよ
動物病院に愛犬が緊急入院!入院費用はいくらかかるの?元動物看護士が症状別にご紹介します
ペット保険加入で迷っている人必読!5分で誰でも簡単に分かるペット保険の解説まとめ
犬の動物病院の賢い選び方6選。時にはセカンドオピニオンも大切です
大切な家族だから【ペット保険】

犬の皮膚のしこり。しこりの原因は何?考えられる病気3選

 

 

ペット保険のススメ
動物病院で治療をする場合、10万円以上かかることも少なくありません。
動物病院は自由診療になっていて病院ごとに金額が異なるのが特徴です。時にはとても高額な動物病院もあります。
その様な場合、全額自己負担になってしまします。
通院などすればその度に出費がかさみます。
愛犬が元気な時にこそペット保険は必要なのです。
とは言ったもののどこに入ればいいか迷いますよね?
保険会社ごとに補償内容や料金が全く異なります。
費用の負担率を減らしたいのか、毎月の掛け金を減らしたいのか、適応される病気はどこまでなのかなど特色があります。
そういう場合にはいくつかの保険会社に資料を取り寄せて比較するのが一番です。
今回は大手ペット保険会社の4社の資料を無料で取り寄せることができる会社をご紹介します。一括請求なのでとても便利です。
必ず契約しなければいけないわけではありません。まずは資料を確認してみてペット保険の意味について知ることが大切なのです。
資料請求はこちら
ペット保険、くらべて安心♪完全無料で最大4社のパンフレットを一括請求!
ペット保険

ペット保険一括見積もり





当サイト経由で犬用サプリメントが無料でもらえるキャンペーンを期限限定で開催中

「おなかの調子がおかしい…」

「最近、毛艶が悪い…」

「便臭・体臭・口臭が気になる…」

「運動をしようとしなくなった…」

「食欲がない…」

上記の様な原因は腸内環境が原因の場合があります。
腸内環境を整えるにはサプリメントが有効です。
今なら期間限定で無料でもらえるサプリメントがあります。
是非、チェックしてみてください。

無料キャンペーン中のサプリメントについて詳しく見てみる



バナー原稿imp

-ペット保険について
-, , , ,

Copyright© 犬の病気対策マニュアル , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.