犬の病名

犬のチェリーアイの原因や症状や治療法。手術費用はいくら?

更新日:

犬

チェリーアイは、目頭側にある第三眼瞼腺と言う涙を作る分泌腺が飛び出してしまう病気です。
飛び出した第三眼瞼は炎症を起こし赤くはれ上がります。
脱出が小さいと押し戻すことができますが、押し戻しても一時的で、すぐ脱出してしまいます。内科的には治癒することが難しく、外科的な処置が必要になることがほとんどです。

チェリーアイの原因

原因は「先天的な原因」と「外傷」に分けることができます。

チェリーアイになりやすい犬種があり、アメリカン・コッカ―・スパニエル、イングリッシュ・コッカ―・スパニエル、シーズー、チワワ、ビーグル、ボストン・テリア、フレンチブルドッグなどが好発犬種です。
第三眼瞼腺は、結合組織によって目の周りにある骨の膜にずれないようにつなぎとめられています。
以上の犬種はこのつなぎ合わせが先天的に弱く、第三眼瞼腺が飛び出しやすくなっています。
また、眼の周囲に外傷をおったり、眼球の奥に腫瘍があるなど眼圧が上がったりするとチェリーアイを起こすことがあります。
また、チェリーアイは一般的に若齢の犬に多く大体生後6カ月から2歳の間におこることが多いですがほとんどの場合1歳までに起きます。

チェリーアイの症状

犬

犬の目には、眼頭側に第三眼瞼(瞬膜)と呼ばれる膜があります。
この膜の内側に第三眼瞼腺と言う涙の分泌腺があります。
この第三眼瞼腺が目の外に飛び出してしまい炎症を起こし赤くはれ上がります。
このはれ上がった第三眼瞼腺がさくらんぼのように見えるのでチェリーアイと言います。違和感からこすったり、涙がこぼれおちたり(流涙)、様々な刺激から結膜炎や角膜炎を起こすこともあります。
チェリーアイは片側だけにおこることもありますが、両側におこることもあります。

チェリーアイの治療法

治療には内科療法と外科療法がありますが、内科療法では根治が難しい事が多いです。
内科療法では、突出した第三眼瞼腺を押し戻し抗炎症剤などの点眼薬で経過を見ます。軽度のチェリーアイならばこの方法で良化することもありますが、ほとんどの場合もう一度飛び出します。
外科療法では脱出した第三眼瞼腺を切除する方法と飛び出している第三眼瞼腺を埋没するように引き戻す方法があります。第三眼瞼腺を切除する方法は少し前に良く行われていましたが、第三眼瞼内の涙腺は涙全体の50%を賛成しているので、一緒に切除してしまうとドライアイを引き起こすことがあるため最近では行わない病院が増えています。
もし、どうしても行うのであればシルマーテスト(涙の分泌量を計測するテスト)を行う必要があります。
チェリーアイの手術の方法には様々な術式がありますが、第三眼瞼腺を元の位置に戻して飛び出さないようにする手術を行う事が多いです。
また、チェリーアイが慢性化している場合には第三眼瞼腺の中の軟骨が変形している事があるので、この軟骨を切除する必要があります。
また、手術後は眼をこすらないようにエリザベスカラーを2~3日ほどつける必要があります。

チェリーアイの手術や手術費用

犬

手術費用や手術前の全身スクリーニングのための血液検査費用は動物病院によって異なります。
しっかり手術方法や費用などのインフォームドコンセントを受けてください。
手術前の血液検査は10000円~、手術費用や内服薬などは合わせて20000円~ですが、病院によって異なります。

まとめ

チェリーアイは第三眼瞼腺を固定している組織が先天的に弱いか欠損していることが原因で起こります。
これは、遺伝性と考えられています。
点眼などの内科療法では良化することが少なく、経過観察をしているうちに炎症がひどくなることもありますし、涙の分泌がうまくいかずドライアイになる可能性がありますので早めにかかりつけの動物病院を受診してください。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

犬の目の周りが腫れる!原因と考えられる病気

目やにで犬の目が開かない!目やにが多い時の原因や病気とは

犬の目の充血!白い!赤い!目の色がおかしい場合の病気と原因のまとめ

犬の目の病気5選。目をこすったり充血や腫れが出たら要注意です

犬の目の病気。緑色や黄色の目やにや涙が出る。原因として考えられること4つ





当サイト経由で犬用サプリメントが無料でもらえるキャンペーンを期限限定で開催中

「おなかの調子がおかしい…」

「最近、毛艶が悪い…」

「便臭・体臭・口臭が気になる…」

「運動をしようとしなくなった…」

「食欲がない…」

上記の様な原因は腸内環境が原因の場合があります。
腸内環境を整えるにはサプリメントが有効です。
今なら期間限定で無料でもらえるサプリメントがあります。
是非、チェックしてみてください。

無料キャンペーン中のサプリメントについて詳しく見てみる



バナー原稿imp

-犬の病名
-, , , , ,

Copyright© 犬の病気対策マニュアル , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.