犬の病名 犬の皮膚病 脱毛

犬の膿皮症の原因は何?予防には薬用シャンプーがおすすめです

更新日:

犬

■犬の膿皮症

犬の皮膚が赤いんだけど何の病気?
犬が異常にかゆがるんだけど原因は何かな?
そんなことはありませんか?
それはひょっとしると膿皮症かもしれません。
今回は、犬の皮膚病でも多い膿皮症について解説します。

●膿皮症の原因

犬はもちろん、私たちの皮膚には常駐の菌が存在します。
その代表がブドウ球菌になります。
このブドウ球菌が増殖することにより膿皮症にかかります。
しかし、常駐菌がいるからといって必ず膿皮症になるとは限りません。
皮膚には元々、細菌が増えるのを抑制する働きが備わっています。
体が弱ったり、免疫力が低下した時に細菌が異常に増えて皮膚が化のうすることになります。
またシャンプーが皮膚に合わない、シャンプーで洗いすぎてしまうことも原因になる場合もあります。
また他の皮膚病を放置していたがために発症することもあります。

●膿皮症の症状

初期症状としては、皮膚が赤くなります。
膿皮症はどこでも起こる可能性がありますが、多い場所は顔やわきや内側の指の間になることが多いです。
それが広がっていくと中心部が黒くなってきてしまいます。
その症状が牛の目に似ていることから「ブル・アイ」と呼ばれることもあります。
膿皮症には強いかゆみを伴うので、皮膚を掻くことにより脱毛することが多いです。
化のうすることにより、悪臭や痛みや発熱を伴う場合があります。
夏に起こりやすい病気ともいわれています。

●膿皮症の治療法

薬用のシャンプーで細菌を落としたり、抗生物質で菌を殺したりします。
他の病気で発症している場合は元になる病気の根治が必要になります。

●膿皮症の予防法

ダックスフンド

膿皮症の予防法にはいくつかあります。

・毎日のブラッシング

毎日ブラッシングすることは重要です。
毛に付いた汚れやゴミやフケを取る働きがあります。
それらが細菌の餌になることがあるので注意しましょう。
またブラッシングをしてあげることで皮膚が適度に刺激されて新陳代謝を高める働きもあります。
ただ強すぎるブラッシングは逆効果になるので優しくしてあげましょう。

・シャンプー後はしっかり乾かす

シャンプーをしてあげた後はちゃんと毛を乾かしてあげていますか?
犬の毛をちゃんと乾かしてあげるというのはとても大切です。
細菌は、水を栄養にします。
皮膚や被毛が濡れていると細菌の温床になりかねないのでできるだけ乾かしてあげましょう。

・薬用シャンプーを使う

膿皮症の初期状態くらいならば薬用シャンプーを使うことにより、菌を殺し進行を遅らしたり免疫機能で回復を手伝う効果があります。
また、平常から薬用シャンプーで洗浄してあげることにより細菌の増殖を抑える役割もあります。
膿皮症予防には薬用シャンプーが一番になります。

薬用シャンプーの酢酸クロルヘキシジンシャンプーが効果的

クロルヘキシジンという成分は、強い殺菌作用があり動物病院でもよく用いられるシャンプーになります。
オロナインの成分の中にもクロルヘキシジンが入っていることでも有名です。
犬だけではなく、人間の消毒薬などにも広く使われる成分になります。
この成分が入ったシャンプーなので細菌予防にはとても効果が高いのです。
こちらがそのシャンプーになります。

詳しくはこちらの記事で詳しく解説しています。
犬の皮膚病のシャンプーのやり方4選。人間用のを使っていいの?

クロルヘキシジンの口コミ

こちらではクロルヘキシジンの口コミを掲載しておきます。

免疫力を付ける

膿皮症の予防には薬用シャンプーも大切ですが一番は免疫力を付ける事が大切です。
免疫力をつけることにより様々な細菌に強くなり病気の予防に繋がります。
詳しくはこちらで解説していますのでご覧ください。
犬の病気予防の秘訣をあなただけに教えます!免疫力向上のコツについて

■さいごに

いかがでしたでしょうか?
犬が膿皮症でかゆがっている姿を見るのは辛いですよね。
膿皮症は日頃のケアで予防することができます。
薬用シャンプーに切り替えて膿皮症予防に努めましょう。

参考記事になります。合わせて御覧ください。

犬の皮膚病のシャンプーのやり方4選。人間用のを使っていいの?

犬の皮膚が赤い!黒い!色別の皮膚病の原因を解説

犬の皮膚病。脱毛の原因5つをあなただけに教えます

犬の皮膚病の原因4選。薬用シャンプーで症状を改善しましょう

犬の病気予防の秘訣をあなただけに教えます!免疫力向上のコツについて

犬の毛が抜ける!脱毛!皮膚病?ストレス?原因は何?

犬の皮膚病?カサカサかさぶたが皮膚にできる原因とは





愛犬のために知ってほしいこと


「愛犬を動物病院に連れていきたいけど費用はどのくらいかかるんだろう?」

「愛犬の病気を治してあげたいけど高額費用を支払う余裕がない…」

という飼い主さんはとても多いです。

動物病院で治療する場合、病気によっては10万円以上かかる場合があります。

動物病院で治療すれば助かった命が年に何件もあります。

お金の問題で愛犬の寿命を縮めないためにも愛犬が元気なうちにペット保険に加入することが大事になります。

でも「ペット保険っていうけど、どういう保険があるの?」という疑問も出てくるかと思います。

ペット保険の加入に迷った場合には、ペット保険の一括資料請求がおすすめです。

複数のペット保険の資料を比較することで「あなたと愛犬にとって一番ベストの保険が分かる」というメリットもあります。

利用は無料です。詳しくはこちらをご覧ください。

>>>ペット保険の一括資料請求を試しに見てみる(無料)<<<






-犬の病名, 犬の皮膚病, 脱毛
-, , , ,

Copyright© 犬の病気対策マニュアル , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.